大手キャリアから楽天モバイルに乗り換えた感想

どうも、ひろせんです。

ブログをサボっていた間の出来事ではあるが、スマホを楽天モバイルに乗り換えた。

感想を率直に書けば、「早くやればよかった」の一言に尽きる。

スポンサーリンク

料金は安くなり、使用感はほとんど変わらない

今まで「アドレスが使えなくなるから」や「更新タイミングまでかなりあるし、手数料がかかるのが~」なんて何かと理由を付けて先延ばしにしてきたのだが、

貯まった楽天ポイントが投資に使える!という理由が行動を起こす原動力となった。

まったく、我ながらゲンキンなものである。

まぁ冷静に考えれば格安スマホの月々の携帯代で貯まるポイントは微々たるものなのだが、通信費の見直しの必要性も感じていたので良いきっかけとなった。

 
乗り換えにはそこそこのコストがかかった。

端末代を分割払いにしており、その残りと事務手数料、更新月でない乗り換えによる違約金など…

合計で2万円を少し超える程度の費用がかかった計算になる。

しかしこれにより、月々の通信料が格段に安くなった。

楽天カードでほとんどの生活費を払っている俺は、ランクは勿論ダイヤモンド会員である。

楽天モバイルはダイヤモンド会員だと、1年目の利用料は月々1480円という格安さだ。

これは通話SIMで一回につき5分の通話までは無料、通信は月2GBの容量を超えても1Mbpsの速度を維持するプランで、3年以上の契約という条件下である。

2年目からは約3000円程になるが、今まで1万円前後かかっていた事を考えると2年目以降でも月7000円の節約になる。

かかったコストは3ヵ月ほどでペイできるし、年間で84000円の削減だ。

でかい。これはでかい。なぜ今までダラダラと大手キャリアを使っていたんだろうと後悔するレベルだ。

最近は大手キャリアもようやく格安プランを用意してきたが、どう考えても2年目以降が高すぎる。

 
端末は今まで使っていたiphoneをそのまま使う事にした。

これもSIMロック解除など色々と面倒かと思っていたのだが、やってみると「こんな簡単に済むのか」という程度のものだった。

要するに行動する気があればスイスイと進めるのである。

 
さて、肝心の使用感であるが…

正直今までとほとんど変わらない。

もともとスマホで動画など通信量の多いコンテンツを利用しないのもあるが、夕方少し表示に時間がかかるかな~程度の変化だけである。

最も混む12時~13時、18時~19時の間は300kbpsに制限されるが、昼休みは会社のPCを使っているし、幸い俺の生活環境だと18時以降はほぼ家のwifiを使っているため、不便さは感じない。

  
逆に今まで電話をすると必ずかかっていた電話代が5分まで無料になった点で非常に便利になった。

交友関係はライン通話などで良かったのだが、業者や店舗への連絡などはどうしても電話を使わざるを得ず、電話するのに正直抵抗があったからだ。

これは「無料通話が無いスマホプランを使っている奴あるある」ではないだろうか。

楽天電話アプリを使えば5分以降も電話代が半額のため、この辺も経費削減に大いに役立つことだろう。

 
気にしていたメールアドレスも、Gmailに変更したがほとんど影響はなかった。

正直、もっと早く行動していれば良かったと思う。

大手キャリアが安いプランを出してくれることを期待して待っていた部分もあったが、おそらくそれはまだまだ先になる事だろう。

 
俺の感想と通信量の安さを嫁さんに話してみたところ、嫁さんも楽天モバイルに替えることになった。

紹介でお互いポイントが入るので、これもオイシイ。

 
削減したコストはもちろん投資に回すことにする。今まで月5万円の投資額を確保してきたが、今月から5万7千円の投資が可能になりそうだ。

idecoと合わせれば、月8万円に達する。

この先も色々と上乗せしていき、とりあえずの目標は月10万円の投資額確保を目指す。

生活費ですぐに大きく見直せそうなところは見当たらないため、入って来る部分を伸ばす方向で頑張りたい。

 
大手キャリアを利用していて、格安SIMへの乗り換えを考えている奴がいれば、一度は公式を覗いてみるといいだろう。

楽天モバイル スーパーホーダイ

ちなみにここから契約してくれると俺にも分け前が入る。

俺も嬉しいし、乗り換えても損は無いぞ!

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする