63億円のピザ

どうも、ひろせんです。

今日もちょっと道をそれて、仮想通貨の話題である。

時間を見つけてちょこちょこと勉強しているが、これがなかなか面白い。

スポンサーリンク

63億円のピザ

仮想通貨で一番有名なのはビットコインだろう。

ネット上にアップされたひとつの論文をもとに作られたそうだ。

実際にビットコインで売買が出来る今でこそ通貨として成り立ちつつあるが、最初はネタで作られたようである。

わかりやすく言えば、「ネットの情報を元にビットコインとやらを作ってみた」的なノリだ。

今でこそ1BTC(ビットコインの単位)が63万円などという高値で取引されているが、最初はただのネット上の数字であり、価値を持たなかった。

しかし、遊びでやり取りをしていた奴が「誰か、1万ビットコインとピザ一枚を交換しよーぜww」という提案をし、実際に仲間の一人がピザ屋に注文をして届けたらしい。

まさにこれがビットコインが「価値」を持った瞬間だ。

現在の価値にすると、このピザは63億円という果てしなく高価なピザだったということになる。

 
逆に、今度はビットコインがその時どのくらいの価値だったかを考えてみよう。

場所がアメリカだったと仮定すると、ピザ一枚の価格は6ドル前後のようだ。

つまり、日本円でおよそ700円くらいだとする。

1万ビットコインで700円の価値だったとすると、1ビットコインは0.07円の価値を持つ。

ビットコインの運用が開始されたのは2009年の事なので、今の価格を63万円だとすると、約9年程で900万倍という値上がりを果たしたことになるわけだ。

とんでもない話である。

 
仮想通貨について知れば知るほど、「通貨とは何か」という事について考える。

ネット上の数字が価値を持つなんてそんな事あるだろうかという思いが強かったが、考えてみれば、今財布に入っている日本円だって金属の塊と紙切れだ。

日本銀行が価値を保証しているからこそ、通貨として成り立っているわけである。

お金も、元々はきれいな石とか貝殻だったという説もある。

そういうものであっても「ほしい」と思う人がいれば、価値を持つのだ。

 
仮想通貨のメリットは、よく言われる「送金時間が短い」「取引時間を選ばない」事くらいかと思っていた。
 
しかし、他にもメリットはあるようだ。

 
たとえば日本にいるとあまり感じないが、世界の国々では自国の通貨が信用できないところも多い。

政権が変わると、ある日突然持っていた資産が紙切れになる。そんなところもある。

 
だからこそ、こういった国々に住む人々は金や宝石などの現物資産を求める。

しかし、金や宝石などは取引の際にはなかなか不便な事が多い。

だが仮想通貨であれば、取引や持ち運びは非常に楽になるだろう。

すると、現物資産の代わりにこの仮想通貨を求めるようになるのは、自然な流れかもしれない。

便利さでは通貨に引けを取らないし、国が倒れようが政権が変わろうが、世界で流通する以上それによって価値が変わる事は無いからだ。

 
スマホがあれば仮想通貨を利用する事は誰でも出来る。

以前、「難民がスマホを持つことで劇的な変化をした」というような情報を目にしたことがある。

これと同じように自国の通貨価値が不安定な人々がスマホを持ち、仮想通貨を操ることで、劇的な変化が起こるような気がする。

 
いや、それはもうすでに起こっているのかもしれない。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする