俺の仮想通貨が迷子になった

どうも、ひろせんです。

昔FAXやeメールが普及しはじめた頃、相手に届かないことがあると、「どこかで迷子になっている」なんて冗談を言っていた。

今はメールを送れば即座に届くし、SNSなんていうリアルタイムでやり取りできるようなツールもある。

もう昔のような事は無いと思っていたのだが、なんと俺の仮想通貨が迷子になった。

スポンサーリンク

送金到着に17時間

昨日の事だ。

前日から騰がっていたビットコインキャッシュ(BCH)がさらに騰がってい6万円を超えていた。

もしビットコインと並ぶほどの価格になったらどうしよう。

とりあえず10倍以上になる計算だから売る算段をしておくかとコインチェックからZaifへ送金する準備を始めた。

なぜ取引所間でコインを移すかと言うと、前に書いたようにコインチェックだとスプレッドがきついので利益が圧縮されてしまうからである。

ZaifだとBCHは板売買が可能なため、スプレッドによる損失がかなり小さい。

 
性能の低いビットコインの送金は数十分かかると聞く。

するとビットコインキャッシュならもう少し早いのだろうか。

調べてみると、送金にかかる時間はまちまちだ。

検索すると3日かかったという話もあれば、数十分で着いたという話も出てくる。

どうも何日もかかったのはBCH分裂直後くらいの話で、最近は数十分くらいだという話が多いようだ。

急騰してもなんとか対応できるかなと思い送金の手続きを取った。

 
順調に手続きを進め、送金申請を終える。

一応初めての送金なので、念のため半分ずつ2回に分けることにした。

手数料は多少かかるが、そんなに大きい額ではないのでここは我慢する。

…。

…。

取りあえずZaifの方を見てみるが、反応は無い。

本当にこれで送れているのだろうか…。

 
約一時間後、ようやくコインチェックから「送金申請を行いました」というメールが届く。

取引量が多いから結構時間がかかったな、と思いながらZaifの方を見ると、なんとまだ届いていない。

送金手続きのやり方はよく読んだつもりだが、もしや送金先のIDをミスったか!?と思い確認するが、これも違うようだ。

 
その後も度々チェックをしたが、待てど暮らせどコインは着かない。

しかし何度見直しても、送金方法は間違っていない。

うーむ…これはどういう事なんだ。

 
寝る前に見てもZaifのコイン残高は一向に増えない。

BCHの方も盛り下がってきて、どうもビットコイン越えなんていう夢物語には至らないようである。

しょうがないので朝起きれば着いているさと自分に言い聞かせ、俺は寝ることにした。

 
そして次の朝…。

なんとZaifのBCH残高はゼロである。

ああ、これはもう送金の手続きのどこかで何かしらやっちまったんだろう。

でなければどこか永遠に出てこれない迷宮に迷い込んでしまったんだろうか。

Zaifの方にも、IDを間違えるとコインを取り出せなくなると書いてある。

痛い授業料だったが身をもって仮想通貨の怖さを知ったわけだ。

 
月曜日という事も相まって、ブルーな気持ちで仕事に就く。

頼むから面倒な仕事は舞い込んでこないでくれ。今日の俺は既に深海よりも深い青色なんだ。

 
しかし昼休みに一通のメールが届く。

「zaif通知:BitcoinCash入金が完了しました。」

 
ここまで遅れると「おせーよ!!」なんていう気持ちを通り越して、「よく到着してくれたね…」という保護者の気持ちだ。

そんな小さな感動と共に身の回りの情報技術の高さにありがたみを感じた。

 
後日…というか今日だが、BCHが急騰したのはマイニングが止まったからだという記事を目にした。

どうも通常10分ほどで処理される1ブロックが、4時間半にわたって処理されなかったらしい。

大手マイナーが故意か不可抗力か、マイニングが止まったのだろう。

 
マイニングが行わなければコインのやり取りは処理されず、送金も出来ない。

なるほど、仮想通貨にはそういう弱点があるのか。

とすると、どんなに性能の良いコインが出てもマイナーが居なければ処理はされないという事になる。

性能の低いビットコインがこれほどまでに値を上げるのには、十分なマイナーを確保しているというバックグラウンドがあるに違いない。

 
仮想通貨の価値はマイナーの数で決まるという話がある。

なるほどそれはこういう事だったのだ。

という事は、やはり時価総額上位のコインを持つという作戦は間違っていないことになる。

時価総額上位のコインには多くのマイナーが参入しているからだ。

 
新技術を学ぶには、自分で扱ってみるのが一番だと思った瞬間だった。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする