資金をつぎ込みたい病が再発

どうも、ひろせんです。

仮想通貨を扱うようになり、資金をつぎ込みたい病が再発している。

株式投資よりボラリティが高いこともあり、また全体的に上昇傾向であるため病状が重い。

スポンサーリンク

何よりもコインが買いたい

仮想通貨への投機成績は今のところプラスになっている。

40万円が2週間ほどで45万になった。

率にして12.5%の上昇である。

66万円台で買ったビットコインが80万円台にある事と、37000円くらいで買ったビットコインキャッシュが7万円台まで上昇したことによるところが大きい。

残念ながらその上昇力を十分に受け取れていないのは、アルトコインと呼ばれるビットコイン以外のコインにも投機しているからだ。

ビットコインが強すぎてアルトコインが割を食っている感はある。

しかしギャンブルと割り切っても、1銘柄に全力でつぎ込むことはリスク管理上どうしても出来なかったのだ。

今のところはビットコインに集中投資した奴がホクホクしている事だろう。

 
これだけ値動きが激しく、また短期間に上昇する品を扱っていると、どうしても追加で資金をつぎ込みたくなる。

いわゆるギャンブル熱と言う奴だ。

買いたい、コインが買いたい。

投機だと割り切っていても、扱っているコインがみるみる上昇していくと「あぁ、もっと金をつぎ込んでおけばよかった」という気持ちになる。

勝ち続けているギャンブラーが「もっと賭けておけばよかった」というのと同じなんだろう。

 
そして多分、これは賭けているゲームに負けるまで続く。

勝ち続けているギャンブラーは負けて初めて「あぁ、なぜ勝っているうちに終われなかったんだ」と嘆くだろう。

しかしそこに行きつくまでは勝ち続けているため、負けた時のことなど思いつきもしないのだ。

 
あぁ、買いたい。コインが買いたい。
 
この参加者全員がほぼプラスサムゲームになっているゲームはいつまで続くのだろうか。

予想では来年にはビットコインの価格は220万円になっているらしい。

加熱しすぎだと言われている今の80万円からさらに3倍近く膨れ上がるというのか。

 
俺が睨んでいる一つの区切りは、ETFの承認である。

今のところ否認されているが、この盛り上がりようでは仮想通貨を扱うETFが認可される流れとなりよう。

もし実現すれば価格は跳ね上がるだろうが、個人的にはそれが頂上だと思っている。

 
それまでは踊り続ける覚悟だ。

 
今回は今の心境を100%正直に書いてみた。

これを見て仮想通貨から離れようと思った奴は、至って正常な奴かもしれない。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする