仮想通貨売買についての驚愕の事実

どうも、ひろせんです。

昨日までの仮想通貨売買結果についてまとめている途中で、驚愕の事実に気が付いた。

正直凹んだ。

あ、なんか女子高生っぽい。いや、でも今の女子高生はそんな事言わないかもしれない。

スポンサーリンク

短期売買にほとんど意味はない

昨日の記事で、この1ヵ月間の仮想通貨売買による利益が54万6千円に上ったと書いた。

ビットコインキャッシュでの神がかり的な売買、ペペキャッシュ2円→3円へのチョイ乗り、モナコイン暴騰へのエレベーター。

失敗も多少あったが、取引においてはこの一か月間、なかなかの成績を収めたつもりであった。

事実、ビットコイン単体への投資リターンである42%を大幅にアウトパフォーマンスする136.5%のリターンを記録している。

もはや疑いようのないほど大幅に上振れしていよう。

俺はひょっとして天才なんじゃないか。

本当にそう思っていた…。

 
しかし、今日試しに「一番最初に買った状態であったら今どうなっていたか」を計算してみた。

するとどうだろう。

今の総資産94万円余りに対し、最初に買って何もしなかった時の資産は88万5千円だという結果になった。

 
多少アウトパフォーマンスしている事は確かだが、例えばこの4日間のモナコインの上昇に乗れなかった場合はほとんど変わらない結果になったと言っても過言ではない。

要するに、巧く売買したような気になっていただけであったのだ。

 
違う視点から見れば、対象とするコインは間違っていなかったと言えよう。

しかし上昇する見込みのあるコインを買うのであれば、頻繁に売買するよりもホールド戦略が功を奏すという事は間違いが無いかもしれない。

 
この事実に気が付けば、とる戦略は一つである。

そう、まさにそのホールド戦略だ。

買ったら気絶…。冗談のような投資法ではあるが、とりあえず実践してみよう。

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので中長期の売買向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

この2つさえあれば、現時点で国内の取引所で買えるコインとトークンのほぼすべてを扱うことが出来る。

 
少しでもコストを抑えたい奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする