2017年11月末の資産状況

どうも、ひろせんです。

11月は仮想通貨のおかげで資産状況がだいぶ変化している。

今のところいい結果が出ているが、果たしてどうなったのだろうか。

スポンサーリンク

2017年11月末の資産状況

まずはメイン投資先の米国株から。

嬉しいことに、200万を超えてくれた。

米国株を扱い始めてもう少しで1年になるが、これも投資をし続けた結果だと思う。

2種類の投資信託は楽天ポイントで購入したものである。

今まではポイントがあると何か欲しいものを探して買っていたが、これからはすべてを投資信託に変えていく予定だ。
 
毎回は小さい額だが、積み重ねれば結構な金額になっていくだろう。
 
 
続いてideco分

うむ、相変わらず順調そのものだ。

この利回りで節税効果まであるとすると物凄い制度だが、米国株もいつかは下落面に突入するだろう。

今の利回りが異常なくらい恵まれていると思って、気長に続けていこう。
 
 
続いて仮想通貨。まずはコインチェック

投入額:39万円 評価額:47万円
 
コインチェックは全体的にジワジワと上げていくイメージだ。

どれも時価総額が大きいため、簡単に10倍になったりはしづらい。

先日のBCH暴騰はやはり例外的だろう。

時期が違うので多少差があるが、9種のコインに原資をほぼ均等投資する形になっている。

 
続いてZaif

投入額:29万円 評価額:93万円

Zaifは主に、BTC、MONA、PEPEに重点を置いている。

BTCはどちらかといえば安定資産としてだが、残り二つはなんとなく好きだからだ。
 

29日の暴落時にZaifトークンを売り払い、モナコインを回転させることで少しばかり稼いだ。

しかしその間にZaifトークンが思いのほか上昇したため、結果的には損失を出している計算になる。

買い戻さず、そのままMONAとPEPEに振り分けたが…うーん、やはり短期売買は難しい。

 
少し前まで、各コイン約20%ほど上昇したところである程度の枚数の売り注文を出していた。

しかしモナコインのように時価総額がそこそこあるコインでも短期間で3倍になったりするので、一応ホールド戦略に切り替えている。

上記のように、気が向いた時にちょっと遊んだりする日々である。

最後にGMOコイン

投入額:8万円 評価額:7.8万円

GMOコインはライトコイン購入のためだけに開設した。

コインチェックよりスプレッド差が小さいため、売買面で多少有利になるからである。

開設するまで知らなかったのだが、証券会社のように銀行口座からの即時入金サービスも可能だ。

土日でも資金を投入したいときに大いに役立つだろう。

さらに、29日からリップルの扱いを開始している。

扱い開始キャンペーン中で、スプレッド差が0.3円となっているため、これもコインチェックより有利だ。
 

実は30日朝の暴落時にやはり何とかして資金を投入したくなり、リップルを4万円だけ追加で購入した。

既に数万円の俺の口座残高だが、勢い余ってもう一ケタ少なくなるところだった。が、一応そこは踏みとどまった。

 
その後数時間はプラスになっていたが、仮想通貨全体がまた下げてきており結果的には微妙なタイミングだったようだ。

まぁリップルは買い増し予定だったので、このままホールドしておくつもりだ。

ちなみに仮想通貨市場を予想するAIによると、なんでもリップルは2018年2月から本格的な上昇をするらしい(笑)

 
合計で資産残高が375万5千円程になっている。

先月末は銀行口座を含めても290万円くらいだったと思うので、仮想通貨の利益分で跳ね上がった結果となった。

 
仮想通貨は変動が激しいので、結局はゼロになる事もありうることは覚悟しておこう。

今のところは順調に増えている。やはり資産が増えると嬉しい。

 
さて、すっかり仮想通貨に魅了されてしまったため、出来れば少額でも毎月追加購入したい気持ちだ。

しかし米国株への投資額は保ちたい。現状ではどうにもイッパイイッパイである。

そこで、今まで聖域としていた酒代を削減することにした。

やり方は簡単だ。いわゆる「つもり貯金」を活用する。

前に「つもり貯金からつもり投資へ」なんて記事を書いた覚えがあるが、まさにそれである。

 
酒を飲みたくなったとする。

今までは会社帰りに立ち飲みにふらっと寄るか、スーパーで1~2本買って帰っていた。

これからはそういう気分になった時には少し立ち止まり、例えば立ち飲みに行った場合を想像する。

「中ジョッキを2杯飲み、小皿とおでんを食べ…お会計は約1300円か…。」

そこでおもむろにスマホを取り出し、銀行口座から証券口座へ1300円入金する。

それを続け、給料日になった時に毎月投資分6万円から貯まっていた分を引き、差額を入金する。

そして貯まっていた金額分は仮想通貨への投入に当てる。

酒も飲みたいが、その思いに仮想通貨熱が勝れば上手くいく方法だろう。

ここ3日ほどは上手くいっている。

 
しかし酒を断つわけではない。

仮想通貨の儲けには税金がかかり、その税金はふるさと納税によってある程度取り返すことが出来る。

返戻品として酒を選べば、仮想通貨で儲けが出れば出るほど家には酒が溢れる計算になる。

外飲みを我慢し、仮想通貨で儲け、家飲み用の酒を充実させる。

夫が早く家に帰ってくるので、嫁さんも上機嫌だ。

まさに仮想通貨によるプラスのスパイラルである。素晴らしいぞ!ビットコイン!

 
12月末も、こんな感じで浮かれていられるといいなぁ。

 
 
仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期投資から長期投資まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので長期投資向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

 
少し慣れてきた奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの短期売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifの板売買が出来るので、そちらの方が良いだろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でもすぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする