人生初のテンバガー

どうも、ひろせんです。

小学生の頃に株の世界に触れてから20年くらい経つ。

その間、倒産した株を売買したこともあった。

3倍くらいになった株もあった。

一本に絞って全力買いしていた株がストップ安したこともあった…。

そんな山あり谷ありの俺だが、ついに人生初のテンバガーを達成した。

しかしそれは、株ではなく仮想通貨市場においてだった。

スポンサーリンク

人生初のテンバガー

早速だが、これを見て欲しい。

次にこちらだ。

うむ、どう見てもテンバガーである。

俺も人生初のテンバガーがBTCでもBCHでもMONAでもなく、まさか何となくネタで買ったPEPEキャッシュだとは思わなかった。

まぁ今の価格は1PEPE14円前後なのだが、それでも6倍株(6倍コイン)である事は間違いない。

正直嬉しい。しかしなんだか戸惑いもある。

テンバガーなど「誰も見向きもしないうちに買い、人気が出ても鬼のようにホールドすること」で初めて手に出来ると思っていたからである。

それが1か月半何となく持っているだけで達成してしまったとは…。

拍子抜けな部分もあったりする。

 
しかし仮想通貨市場はそんなコインで溢れている。

10月に始めた俺ですら、ダブルバガー以上のコインを多数手にしている状況だ。

ちょっとだけ例に挙げてみると

BTC:66万円→254万円→現在190万円
BCH:4万円→28万円→現在15万円
MONA:250円→2300円→現在1700円
PEPE:2.2円→28円→現在14円
XEM:21円→72円→現在51円
XMR:1万円→3万円→現在3万円

まぁこの数値は今までの最高値であって、決してこの価格で売っているわけではない。

むしろこの価格をガンガン超えていくと信じているからホールドしているのである。

 
俺が参入したビットコイン66万円の時でも、バブルだなんだと言われていた。

自分でも参入は遅かったと思っていたし、もうそんなに上昇余地は残されていないんじゃないかと思ったこともある。

事実、買ってから1~2週間は含み損だったのだ。

50万円台に落ちた時は、やはりもうバブルは終わっていたんだなと参入を後悔したものだ。
 

そんな俺も100万円を超えた事にはジャンプして喜んだし、この間一時200万円を超えたのにはビックリした。

しかしまぁ、これもしばらくすれば楽々と超えていくだろう。

そのくらいの力を持った技術なのである。

 
仮想通貨市場はよくチューリップバブルに例える奴がいるが、どちらかというとドットコムバブルに似ている。

インターネットの登場は世界の構造を塗り替えた。

そして今は当たり前のように俺たちの傍にある。

仮想通貨も同じようになると、俺は信じている。

いつも同じことを言っているが、少額からでもいいから絶対に参加した方が良い。

もちろん勉強のためでも良い。この技術は世界を変えていく事はもう間違いない。

その技術を自分のモノとして感じるためには、カネを賭けるのが一番である。
 

ただし、ドットコムバブルの時にそうだったように

今数多く存在する多くの通貨も、ほとんどが消えていく運命にあるだろう。

それを見極められるかが、この市場で生き残る事が出来るかどうかに直結する。

 
一番間違いないのはビットコインだろうが、俺の所持コインの中でもビットコインの上昇率は、どちらかといえば低い方だ。

安定的に上昇する通貨としてビットコインを、ちょっと儲けてやろうという奴はその他のコインを狙ってみるのがいいだろう。

俺は今からでもテンバガーコインを所持する事は容易だと思う。

先物市場が導入され、もしかすると近いうちにETFも参入してくるかもしれない。

大金が舞い込むにつれ市場は安定化する運命にあるので、期待リターンはどんどん悪くなるだろう。

 
今はまだ10倍も夢じゃない。

しかし半年後、1年後はわからないぜ。

 
 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので中長期の売買向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

この2つさえあれば、現時点で国内の取引所で買えるコインとトークンのほぼすべてを扱うことが出来る。

 
少しでもコストを抑えたい奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする