2017年12月の投資先と余ったNISA枠活用法

どうも、ひろせんです。

2017年も残り少なくなった。

残りのNISA枠をどう埋めようか悩んでいる奴も少なからずいるのではないだろうか。

今回は今月分の投資先と、そのNISA枠を限界まで使いきる方法を紹介したい。

スポンサーリンク

2017年12月の投資先と余ったNISA枠活用法

この一年間、最初に決めた月5万円の投資を続けてこられたのは自分にとって非常に良かったと思う。

今年は個人的にも結婚という大きなイベントがあり、それに伴う支出も多かった。

前にも書いたかもしれないが、投資額を確保するために一番効果的なのは給料日に引いてしまう事だ。

俺のように意志の弱い奴は、口座に金が遊んでいるとロクなことが無い。

 
さて、今月の投資先だが

先日書いたようにGE80株と、昨日VYMを4株購入した。

VYMにした理由は単純に、VTI,VOO,VYMの中からNISA枠の中で買える最大限のモノを選んだだけだ。

19日の米国株市場は開始が一番高く、終わりが一番安かったようだ。

それを考えるとほぼ頂点で買うという、タイミング的には最悪であった感は否めない。

まぁ金額は大きくないのであまり気にせずに行きたいと思う。

 
さて、米国株投資家の中には、こんな感じでもうNISA枠は使い切ったよという奴も多いだろう。

しかしよく見れば数千円くらい余ってはいないだろうか?

米国株やETFは1株から買えるといっても数千円~数万円くらいはする。

また、手数料もあるので数千円くらい余っていても使いようがないと思っていないか?

 
これを解決するのが、100円投信である。

100円投信は100円以上ならば1円単位まで買えるし、ノーロードのモノを選べば手数料もかからない。

米国に投資したければ楽天全米株式インデックスファンドや、ニッセイ外国株式インデックスファンド、たわらノーロード先進国株式、iFree S&P500インデックスなどを選べばいいだろう。

俺も6千円程残ってしまったので、楽天全米株式インデックスファンドを買っておいた。

100円投信は米国株に投資できる主要ネット証券なら3社どこでも扱っているので、余ったNISA枠を気にしている奴はぜひ活用してほしい。 

 
今年のNISA枠は12/26取引分までなので、勘違いして余ったまま終わらせないように注意だ。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする