22日の暴落凄すぎワロタw

どうも、ひろせんです。

昨日の暴落は、表題に思わず「w」を付けてしまうほどの暴落だった。

逆に言えば買い増しのチャンスでもあったわけだが、資産を大きく増やせた読者はいただろうか?

スポンサーリンク

本当はこういう時に買える奴が勝つ

まずはその暴落っぷりをみてみよう。

これは暴落が最もひどかった午後10時半頃の様子である。

金額で言えば前日に比べて

Zaif:230万円→141万円
CC:145万円→87万円

という凄まじいものだった。

所持コインの中では唯一XRPだけがそこそこの高値を保っていたが、後は壊滅状態である。

 
取引所のチャットからも数々の悲鳴が聞こえてきた。

底の方で損切りした奴もかなり居たようだ。

俺もCCの方はMoneroを買い増した時点まで資産高が戻りかけた。

 
こんな状況でもテンションが騰がっていたのが自分でも不思議なものだ。

株好きの友人が「暴騰も暴落も楽しめるようになったら株愛好家として本物」だと言っていた。

自分もちょっとは本物の仮想通貨愛好家に近づけているらしい。

 
ビットコインの取引状況を確認できるcryptocompare.comを見たところ、取引の大部分が米ドルによるものだった。

もしかしたらアメリカの機関投資家による壮絶な空売りがあったのか、それとも海外の取引所がハッキングされて盗まれたコインが売りに売られたのか。

色々な噂はあるが、ハッキリしたことは何もわからない。

 
俺はと言うと、先月から貯めてきた「つもり貯金」でちょっとばかり追加購入した。

金額は15000円ほど。ほとんど持っていなかったCICCを買い増すことに。

もちろん、他のコインは暴落時も変わらずホールドである。

 
23日朝に起きてみれば、ほとんどのコインは元に戻っていた。

まぁこれだけ上下すれば多少の利確売りに合うだろうから、1~2日はまた下がることもあるだろう。

土台もガッチリ固まったところで、再び上昇していってくれるといいなぁ。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので中長期の売買向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

この2つさえあれば、現時点で国内の取引所で買えるコインとトークンのほぼすべてを扱うことが出来る。

 
少しでもコストを抑えたい奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. ひろせんさんのことをおもうファンより より:

    仮想通貨は投資ではなくて投機だと思います。しかも長期などと書いていますが長期は1年以上ですよ。投機で1年以上なんて大丈夫なんでしょうか。ひろせんさんは1年以上仮想通貨に資金をおいておくつもりでしょうか。投資をしたことがない読者もいると思いますのでリスクも十分書いてあげたほうがよいのではないでしょうか。初期は書いていたと思いますが最近はひろせんさんがバブルで舞い上がってるように感じます。自己責任でやるように書いてあげたほうがよいのでは。

    • ひろせん より:

      ひろせんさんのことをおもうファンさん

      コメントありがとうございます。

      仮想通貨売買に関してですが、私は長期で持つのもアリだと思っています。
      理由は、仮想通貨という分野自体が無くならず、広がっていくものだと判断しているからです。
      時価総額の少ない草コインは別としても、時価総額上位のコインはこれから先も伸びていく可能性が高いです。
      ただ、「アリ」なだけで「大丈夫」だとは言いません。
      投資も投機もそうですが、「大丈夫」なものなど存在しません。

      次に「投資」という言葉についてですが、これは私の手落ちでした。
      私自身も投資だとは思っていないため、本文中では使わないように気を付けていたのですが、下の文章はコピペを繰り返していたため気が付きませんでした。
      ご指摘を踏まえ、過去記事は全て訂正しておきました。

      リスクについては、たびたび記事中で触れていると思います。
      特に破産する可能性のある信用取引については「絶対にやるべきではない」と折に触れ書いているつもりです。

      私は仮想通貨売買をやっていない方に「少額でもいいのでやってみろ」というスタンスを取っています。
      しかしそれは「儲かるから」などという理由ではありません。
      FXなどと違い、仮想通貨はその技術自体が新しいものです。投資にも投機にもなり得るものです。
      その分野に触れることはとても大きな意味がありますし、大変勉強になります。
      また、少額でもお金を賭けると本気度が増します。

      ただし、手取り足取り教えようという気は私にはありません。
      ネットやスマホが普及している現在、調べようという気があれば情報はいくらでも手に入ります。
      私のブログでも、コメントを頂ければ可能な限り答えます。

      逆に言えば、一番肝心なリスクについて自分で調べて判断できないのであれば、手取り足取り教えてもいずれ大きな損失を出すでしょう。
      投資も投機も、自分の金を賭けてやる以上自己責任なのは当たり前の話です。

      最後に私の方針ですが、仮想通貨から感じる可能性が無くならないのであれば、長期で持ち続ける可能性もあります。
      おっしゃるように1年以上持つこともありえますし、もうダメだと思えば撤退する事もありえます。
      その撤退時までブログを続けていられれば、撤退したこともその理由についても書く予定です。

      長くなってしまいましたが、私の考えが伝われば幸いです。

  2. ひろせんさんのことをおもうファンより より:

    丁寧な回答ありがとうございました。
    ひろせんさんの考えが伝わりました。

    • ひろせん より:

      でも、正直舞い上がっているのはその通りなんですけどね。

      狙いが当たって資産が増えているのならば、素直に喜んでもいいかなと思っています。