市場予想者は全員占い師

どうも、ひろせんです。

米国の法人税率が減税された事により、米国株はバブルを迎える!

なんて記事を見れば、かたや「材料出尽くしで米国株は下落面へ突入か!」なんて見出しも目にする。

ホントみんな、適当な事言ってんなと思う。

スポンサーリンク

当たるも八卦当たらぬも八卦

俺は市場予想をする奴は全員占い師程度だと思っている。

皆、占いの手法は様々だ。

過去のデータを引っ張り出してきてチャート分析をしてる奴もいれば、各企業の海外資産をもとに上昇、下落を予想する奴もいる。

どれもこれも、なんだかもっともらしいことを並べ立ててはいるわけだが、正直言ったもん勝ちのところが大きい。

ちょっとでも過去のチャートに沿う場面があれば騒ぎ立てるし、予想が半分当たれば「予想が当たった」と言いふらす。

半分は外れていてもだ。

 
大体相場が上昇するだの下落するだの、暴騰するだの暴落するだのは言い続ければ必ず当たる。

上昇し続ける株は存在しないし、ちょっと急な上下があれば「暴騰した」とか言えばいいのだ。

2017年だって、荒れる荒れると言われていた。

7が付く年は相場が荒れるだの、リーマンショックから10年だからまた何かあるだの。

ふたを開けてみれば、米国市場は結局右肩上がりであった。

 
2018年も占い師はきっとまた何かネタになる材料を探し出してきてなんだかんだと言うだろう。

そういう意見に左右されないためには、情報を集めて自分の頭で考えるしかない。

 
投資の根拠を他人の意見に委ねないように。

そういう投資を行っていると、相場が上昇しても下落してもきっと後悔すると思う。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする