CoinExchange銘柄の見直し

どうも、ひろせんです。

先日CoinExchangeで色々と草コインを買ってみたが、流石に適当に買い過ぎていたと反省した。

正月休みで少しばかり時間があったので、銘柄の調査と見直しを行った。

スポンサーリンク

流石に公式の更新が途絶えている奴は未来が無いよね!

仮想通貨で価値が上がる要素とは一体何だろうか。

性能も重要な要素ではあるが、ほとんどが実用化されていない現状ではおそらくただ一つ「人気」だろう。

株式も短期的な値動きは「人気投票」と言われるように、人気は非常に重要な要素だ。

 
人気が出ているとはどういう事だろうか。

値上がっている=人気があるという方程式も完全に間違いとは言い難い。

しかし草コインは多少金を出せば俺でも相場をガッツリ上げることが出来る。

すると、値上がり=人気という視点で草コインを見るのは微妙だ。

 
買う人が多い=人気があるという見方はそこそこ理があるような気がする。

もっと言えば、XPのようにそのコインを使ったコミュニティが形成されているようなコインは人気があると言えるだろう。

 
という事で、CoinExchangeで買った銘柄について見返してみる。

重要視したのは次の点だ。

・ホームページがあるか
・現在も更新が続いているか
・コミュニティがあるか(特に重要視)
・短期間ではあるが買ってから今日までに値上がっているか

 
すると、出るわ出るわ。ホームページや情報発信すらしていない銘柄が。

SPRTSなど、去年の5月に公式ブログを更新したのが最後である。

やっぱりジャケ買いはやりすぎたんだ…ちょっとは調べるべきだったんだ…。

 
今回はそれでも多少審査を甘くした。

最低限ホームページは持って居て欲しいが、流石にコミュニティまであるところは稀である。

今も更新が続いているかどうかというのは結構重要だ。

そのコインの存続に関わっている。

 

調べた結果、SPRTS、XPASC、1337は売却することにした。

後はSHNDも半分ほど売却することにした。これは単純に他のコインに比べて買い過ぎていたからである。

ちなみにSHNDについては公式HPは無いものの、日本人でかなりのめり込んでいる奴がいるので、そいつのHPを紹介しておく。

仮想通貨 StrongHands 試される握力 【SHND】

正直こういう奴は嫌いじゃない。

俺はシャレで1億SHND買ったが、10億SHNDはなかなか買えない。

もちろん今よりも少し安いが、それでも時価総額1100番台の銘柄に何万円もつぎ込むのはなかなかの度胸だ。

しかもやる気と男気に溢れている。もしSHNDに興味がある奴がいたら必見だ。

多少専門用語が多いが、実践的にSHNDで出来ることに挑戦しているから見ごたえがある。

 
また、XPも6割ほど売却した。

この短期間でかなり資金を増やしてくれたし、今日がBinance上場のための投票最終日だという事もある。

このまま騰がっていく見方が濃厚だが、既に時価総額46位と十分価値が認識されていると思う。

ちなみにXPの活躍により、8万円ほどで始めたCoinExchange投機は3日後の現在15万円ほどになっている。

 
売却した資金で新しく買った銘柄はBLASSMARTである。

SMARTは時価総額115位前後だから厳密には草コインと言えるかどうかは分からない。

だがコミュニティがあり、そこそこの人数を集めているようだ。これから人気が出るかもしれない。

個人的にはかなり期待してもいいかなという内容だった。

だがまだまだ海外コイン初心者なので単なる勘違いかもしれない。

暴落する可能性も十分にあるが、その時は笑ってくれれば本望だ。

 
BLASはHPからやる気が感じられたので買う事にした。

コミュニティは無いが、売却した銘柄よりは良さそうだ。

 
買い板の関係でBLASは4200円分くらい、SMARTはそれよりもだいぶ多い6万円分くらい購入した。

また持っていようかと思ったDOGEコイン5000枚もBIGUPという銘柄に変えてみた。

正直SMARTはやりすぎているかもしれない。

だがなんとなく成長しそうな気配を感じたので良しとしよう。

 
なんだか未知の世界を冒険しているようでとても楽しい。

それに金がかかっているのでドキドキ感がある。

こういったことに楽しみを覚えるというのは、自分が割とギャンブル好きな性格だからかもしれない。

 
でもせっかく生きているんだからドキドキワクワクしながら生きようじゃないか。

既存の枠組みにとらわれたつまらない毎日を送るよりもよっぽどいいと思うぜ。

 
 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので中長期の売買向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

この2つさえあれば、現時点で国内の取引所で買えるコインとトークンのほぼすべてを扱うことが出来る。

 
少しでもコストを抑えたい奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする