カーシェア使用についての所感

どうも、ひろせんです。

今日は久々に節約の話である。
 
タイムズのカーシェアを使い始めてから結構経つ。

カーシェアに興味がある奴に、俺個人の感想を書いてみたい。

スポンサーリンク

週1くらいの使用頻度なら所有はアホくさい

あくまでウチの話であるが、車を使うのは週末、それも毎週ではない。

そんな家庭が車を利用したいのなら、カーシェアはとても経済的だと言える。

 
ウチは月に2~3回車を使う程度だ。

しかも必ず使わなければいけない訳ではなく、ちょっと出かけたいから使おうかな程度である。

 
そんな俺が半年ほどカーシェアを使った感想は、「もはや所有するのがバカらしいほど便利」であった。

 
明日ちょっと出かけようか。

さっとスマホを取り出し、2~3分で予約作業が終了。

次の日に駐車場に行き、カードを装置にピッ。

それだけで車が使える。

使い終わった後も装置にカードをピッ。

これで終わり。

 
連休初日などは直前だと予約が取れないこともあるが、前もって予約しておけば十分取れる。

料金は毎月1時間分までは定額の1000円程。

後は使用状況によりだが、例えば6時間パックを保険ありで使っても4千円くらいだ。

レンタカーよりは割高だが、面倒な手続きも要らないしガソリン代も込みである事を考えれば許せる範囲だろう。

 
所有していればガソリン代、税金、保険料、駐車場代が必要だ。

それを考えれば月に1万円ほど利用しても所有しているよりは安いかもしれない。

 
俺もかつては車を所有していた。

10年落ちの軽自動車だったので、購入金額はかなり安かった。

しかし部品交換や修理代はかかるし、使う必要が無い時でもバッテリー上がりを防ぐために多少動かさなければならなかった。

改めてみると、物凄く不経済的でメンドくさい代物だと思う。

 
それをカーシェアにするだけで生活は劇的に変わったと言ってもいいだろう。

車両代はもちろん駐車場代や保険代はかからないし、誰かが乗ってくれるのでバッテリー上がりの心配もない。

ガソリンも半分以下にならなければ特に給油の必要もない。

たまにしか乗らない俺にとっては非常に便利である。

 
逆に通勤などで毎日使う層には利用価値がないかもしれない。

通勤で車を使わないよっていう層なら利用価値はある。

例えばちょっと重いものを買いたいから、近所のスーパーまで車で行くかなんて場面でも活躍する。

 
ふと思ったのだが、もしかするとこれから更に変化してくる流れが出てくるかもしれない。

それは個人で所有しながら他人に貸すという流れだ。

 
通勤のために車を使っている奴はかなり多いだろう。

すると仕事中は駐車場に停まりっぱなしなので、この時間に貸し出すことは可能だ。

自分が仕事をしている間に車も稼いでくれる事を考えれば、結構普及しそうな気がする。

 
今ある技術でその方法を想像してよう。

 
今俺は車を借りたい人間だ。

スマホを取り出し、10分後に車を借りる手続きをスマホで行う。

10分後、車の横に立ちスマホで利用者認証をする。(QRコードなどで可能だろう)

運転席に座り、免許証と顔認証装置で利用手続きを済ませる。

顔認証はiphoneXでも可能のようだから、別に高価なものではないだろう。

 
認証が終われば車のエンジンをかけることが出来るようになる。

 
使い終わった利用者は、元あった場所に車を返す。

するとカーナビの画面に支払QRコードが表示されるので、そのコード宛に仮想通貨で料金を支払う。

仮想通貨なら個人情報の流出や、クレジットカードのスキミングの心配もないので利用者も安心だ。

逆に免許証を読み込まれているので、タダ乗りもしづらいだろう。

 
このシステムで怖いのは事故に遭われる事くらいだろうか。

車内のモノや、車そのものを盗まれるというリスクもあるが、免許証を控えていればある程度軽減できそうだ。
 
近い将来こんな方式が浸透すれば、個人レンタカーの利用は増加し、サービスも向上していくだろう。

 
最近は「所有すること」自体が贅沢なことだろう。

家も車も、カネがある奴は所有すればいい。

そこに金を使いたくない奴はシェアする。

俺もこれでいいと思う。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする