埼玉には住めそうもありません

どうも、ひろせんです。

Yahooニュースを何となく眺めていたら、こんな記事が出ていた。

埼玉で人並みの生活、月収50万円必要 県労連が調査

スポンサーリンク

月収50万てキツくないか?

俺と同じ30代は人並みの生活で月収50万、年収600万。しかも車を持たない設定だという。なかなかハードだ。

モデルケースは夫婦+小学生+幼稚園児の4人家族。夫は正社員で妻はパート。

俺の年収は悔しいくらい平均の411万円に近い。いや、正直若干負けている。まぁ30代の平均というから少しの負けなら許容範囲だろう。

仮に奥さんが居てパートに出てもらっても、パートで190万は稼げまい。

奥さんが正社員として同じくらい稼いでくれて、初めて若干の貯蓄ができる程度である。

今の昇給ペースを考えると、俺が年収600万に到達するのは20年ほど後のようだ。

 
埼玉怖い。とても住める気がしない。
 

まぁでもよくよく見てみれば、少し裕福な設定のような気もする。

小学生と幼稚園児を含める4人家族の食費が10万8千円というのは、ちょっとばかり食べすぎだろう。

外食をせず、日々節制しながら暮らしていれば流石にそんなにかかるまい。

交通・通信費の3万8000円というのも高い気がする。もっとも、さいたま市郊外の設定だというので交通費が結構かかっているのかもしれないが。

50代のモデルケースも、子供を東京の私大に通わせる設定のようだ。

俺は自分の子供には、小さい頃から国公立しか行けないぞと教育するつもりである。

奨学金で何とかしようとか、そういう事は考えない。選択肢がそれしかなければ子供もそれなりに頑張るだろう。

 
まぁそんな感じで少し考えてみたが、正直なところ俺はこの手の数字は信じていない。

「人生のモデルケースはこうなんだぞ!これが普通なんだ!お前はそれより劣っているからもっと頑張って金を稼いで金を使え!」

なんかそう言って散財を煽られているような気がする。

普通である必要なんて別に無いし、自分が満足して日々過ごせればそれでいいのにな。
 

俺は普通よりも支出を抑えて、コツコツと蓄財していく道を行こう。それが普通じゃなくても別にいい。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする