副業としてサラリーマンをやるという考え方

どうも、ひろせんです。

セミリタイアしたいしたいと言っている以上、サラリーマンを辞める気満々なのは明らかだ。

辞める気があるという事は、本業としてやる気が無いという事でもある。

今回はそんな考え方について書いてみる。

スポンサーリンク

本業投資家、副業サラリーマン

本業とは、やはり自分がこの先もずっとやっていきたい仕事だろう。

仕事と言っても、会社でやったり自営業でやったりする仕事に限らない。

まぁ形としてはどこかに属するのだろうが、飯を食うタネという意味でその言葉を使った。

 
先ほども書いたが、サラリーマンを生涯ずっと続ける気が無い以上、これは俺にとって本業で無いことは明らかだ。

俺は自分が築いた資産で食っていきたいんだ。

そしてその方法は株式投資であり、ブログであり、仮想通貨であったりする。

つまり俺の本業は投資家であり、あるいは資産家なのだ。

 
今はまだ本業で食っていかれないから、副業としてサラリーマンをやっている。

そう、しっくりくるのはこの言い方だ。

 
大半の奴にはどうでもいいかもしれないが、この考え方は非常に重要だと思う。

サラリーマンを本業として、ブログや株式収入を副業、または副収入として考えているとする。

するとどうしても本業をおろそかにしてはならないという気分になり、ブログや投資が疎かになる。

うっかりサービス残業などをして自分の貴重な時間を無駄にしかねない。

 
本業は投資家だという意識を持っていれば、自然に投資が優先順位の一位に属する。

すると自分の資産を有効活用するあらゆる方法を勉強する必要が出てくる。

それこそ、サラリーマンに必要な勉強などとは桁違いに広い分野だ。

 
最近は仮想通貨ばかりやっているが、お金に関する勉強はとても面白い。

やはり自分の人生の貴重な時間は面白いことに使いたい。

俺はこの先、この「本業投資家、副業サラリーマン」という生き方を第一にすることにしよう。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする