海外取引所の有用性

どうも、ひろせんです。

Binanceを使いはじめると、いかに国内の取引所が使いづらいかが分かる。

使う前は感じなかったが、世界での取引所の競争という意味で、今後日本は負ける気がする。

スポンサーリンク

海外取引所の快適さと言ったら…

最近はマシだがZaifなどちょっと市場が活発になると重くなるし、注文も通るのが遅くなる。

暴騰や暴落があるとビットフライヤーやコインチェックですら落ちる事もある。

Binanceは登録者が殺到している事で有名だが、取引自体はとても快適だ。

注文も通るし、ログインも瞬時にできる。

たぶんサーバー自体がめちゃくちゃ強いのだと思う。
 
また、取り扱いコインも多いし、どんどん増える。

定期的に上場コインに関する投票などもやっており、利用者とのやり取りも活発だ。

 
日本は法律で縛り、また上場の手続きも非常に面倒なようだ。

そして何よりそのスピード感が圧倒的に違う。

折角の爆発的な変化であるのに、システムをそれについて行かすことが出来ないのが日本という国なのかもしれない。

 
まぁ政治批判はする気が無いので、この話はこの辺でやめておこう。

取引所の話に戻るが、BinanceもKucoinも一定額の扱いまでは本人認証の必要が無い。

登録すればすぐコインの売買が出来るのだ。この辺も負けている。

このブログでも紹介しているが、せっかくZaifやコインチェックに興味を持ってくれた奴も認証待ちの時間がとても長いようだ。

 
残念ながら俺の知る限り、日本円を仮想通貨に替える手段は取引所を使う以外はかなり限られている。

大都市にはビットコインATMなどもあるようだが、まだまだ普及段階には至っていない。

つまり、最近になって仮想通貨をはじめようとしている奴は国内取引所の登録を待つ以外に事実上方法が無いわけだ。

ただただ指をくわえて上昇相場を見ている奴の事を想像すると、この辺はもうお気の毒だと言うしかない。

この辺でもフットワークの差が出てくる。

俺は自分でも情報が遅い方だと思っているが、まだギリギリ間に合った方らしい。

 
しかし冒頭で書いたが、既に海外取引所の快適さを知った俺は、あえて国内取引所を使う利点も少ない。

先日APPC購入の際に資産を整理した続きで、今Zaifの資産をBinanceに移している最中だ。

CICCやFSCCなどの企業トークンは売却してしまった。

これらもこれから価値が上昇していく事は間違いないとは思うが、世界の他のコインに比べるとその広がりに圧倒的な差があるように感じるためだ。

Zaifに残してあるのは主要通貨の他、MONA、XCP、ZAIFとCMS2種に絞った。

今の総額は70万円前後である。

全部を移さないのは、リスクを分散させる意味が大きい。

 
コインチェックとGMOは今のところそのままだ。

もしかしたらBinanceで増やした資産でXRPなどを追加購入した場合は、GMOに送ったりするかもしれない。

これもリスク分散の意味だけである。

 
海外取引所で怖いのは、ハッキングや取引所閉鎖、資産凍結という事態だ。

日本の取引所ならまだコミュニケーションが取れるが、中国の取引所であるBinanceとやり合う事は難しいだろう。

こういった事態に備えておくことは大切だと思う。

 
人が集まる取引所で扱っているコインの価値が上昇するという傾向は必ずある。

今後もより多くの仮想通貨を扱い、またその恩恵を受けたい奴は海外取引所の登録は必須だろう。

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
 
海外取引所はBinanceKucoinがオススメだ。

Binanceは中国発で世界最大手の取引所である。時価総額上位で国内取扱いの無いコインを色々買うことが出来る。

独自トークンのBNBも値上がりが期待できる魅力的な銘柄だ。

Kucoinは最近人気が出てきた台湾の取引所であり、配当型のKSCをはじめ多数のコインを扱っている。

二つとも国内取引所とは比べ物にならないくらい多くのコインを扱っており、人も続々と集まっている。

そのため、この二つの取引所の取扱いコインを手元に加えるのは効果のある戦略だろう。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする