暴落は損出しのチャンス!

どうも、ひろせんです。

朝起きたら、仮想通貨全体が昨晩よりもさらに暴落していた。

俺は退場する気が無いので、こんな時やる事は一つしかない。

スポンサーリンク

みんな、ちゃんとこの暴落のチャンスに損出ししたかな?

本当は買い増ししたいところなのだが、前回書いたように資金が無い。

バーゲン会場に財布を忘れてきてしまった気分だ。あぁ、情けない。

 
さて、こんな時に俺に出来ることは一つしかない。

それは損出しである。

 
今年に入ってからかなり動いているため、利確行為になった金額が約150万円程になっていた。

税率が30%だとしても45万円と、俺の年収から見れば超高額な納税額である。

さて、ふと見ると俺が約160万円程買っていたAPPCの評価額が60万円程になっていた。

評価損はおよそ100万円である。

こんなチャンスなことは無い。仕事への出がけだったが、急いでAPPC→BTC→APPCへ替えるという作業を行った。

 
なぜこんな事をするかと言うと、仮想通貨の損益はコイン同士での交換の際にも確定されるからである。

仮想通貨売買の利確額は1年間の売買損益で計算されるため、ここで100万円の損出しを行っておけば通算処理できるのだ。

つまり俺の利確額の150万円はAPPCを一端BTCに替え、再度APPCに戻すことで損失確定行為となり、約50万円まで減るわけである。

 
まぁ時間の無い中売買を行った為、残念ながら枚数を減らしてしまう結果となった。

俺の保有枚数4100枚余りを一度に売買しようとすると、1枚の買い板では吸収できない場合が多い。

またその逆もしかりで、4100枚を一度に買おうとすると買い板を買い上がる必要がある。

本当はもっとじっくりやりたかったが、平日ではしょうがない。

 
この損出し行為で保有枚数は4168枚→4113枚となった。

55枚…買った時の値段を考えると、18000円くらいだろうか。

うーん、まぁこれでAPPCを来年まで持ち越せば30万円くらいの節税になるため、やっておくことに越したことは無いだろう。

なんにせよ、初めて尽くしの世界なのだ。色々やってみたらいいと思う。

とりあえず持っている通貨で含み損が大きいものはいくつか損出ししておいた。

総じて枚数が増えていないので、俺のトレード技術の無さを自覚するいい機会にもなった。

 
SNSや取引所のチャットではこの先の仮想通貨相場について色々な意見が飛び交っている。

でも俺は仮想通貨の技術自体はまだまだ規模としては小さすぎるくらいであり、これから先も伸びていくと信じている。

皆これを機に離れてしまうのではなく、上手いこと付き合っていったらいいんだけどなぁ。

 
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 
仮想通貨を扱うのであれば次の2つくらいは登録しておくべきだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

coincheckは時価総額上位のコインを多数扱っている。

スプレッドがきついので中長期の売買向きだ。

ただし、登録開始から最短2日ほどでコインが買えるところまでいける。

Zaifは売買開始まで1~2週間ほどかかるので、すぐに始めたい奴にもオススメだ。

この2つさえあれば、現時点で国内の取引所で買えるコインとトークンのほぼすべてを扱うことが出来る。

 
少しでもコストを抑えたい奴はGMOコインも登録しておくといいだろう。

扱うコインは5種類程度だが、コインチェックに比べてスプレッド差が小さいのでライトコインやリップルの売買なんかに向いている。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だろう)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。これは他の二つには無い利点である。

 
分散して買うほうがリスクも少ないし、上昇するコインを掴める確率も上がる。

出来れば3つとも登録しておくことをオススメする。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする