コインをウォレットに移すデメリットについて

どうも、ひろせんです。

基本的に仮想通貨は取引所に置いておかず、ウォレットに移すのが良いとされている。

それに対して異論を唱えるつもりはないが、今回デメリットを感じる出来事があった。

スポンサーリンク

売りたい!でも売れない!

先日、CoinExchangeで買ったSMARTがかなりの上昇を見せてくれていた。

俺が買ったのは48DOGE前後であり、ふと見た時には180DOGEくらいに買い板が集まっていた。

今まで見てきた感じであるが、草コインの短期的な動きは多くの場合、3倍前後になった後に急落する傾向がある。

ウォレットで増やしてみるのも面白そうだったが、流石にこの短期間で3倍になってくれれば十分であり、売るのも一つの手だ。

もちろん落ちたところで上手く買い増せば枚数も増える。

 
そう思ってウォレットから取引所にコインを移そうとしたが、なんと取引所のSMARTウォレットがメンテナンス中で送金が出来ない。

どうもこのメンテナンス中は、取引所においてあるコインの中でしか売買が行えないらしい。

 
そうしてみている間にも、みるみる下がっていくSMART。

あぁ…チャンスを逃してしまった。

取引所から移す行為にこんなデメリットがあったとは。

 
まぁ最近も有名どころの取引所が閉鎖したりしているし、取引所に置いておくことはリスクが高いことも分かっている。

うーん、この辺が難しい。

飽くまで短期売買での利益を狙うのならば、そういうリスクも取っていかねばならんのだろう。

 
そういえばXPもウォレットがメンテナンス中に上昇していった事がある。

という事は、メンテナンスの日程さえわかればその前に仕込み、メンテナンス中に売りぬくという手法が使えるのではないだろうか。

 
しかし調べた範囲では、コインのハードフォークが告知された時点でメンテナンスに入るようだ。

という事は、前々から把握しておくのは難しいのかもしれない。

 
うーん、この件についてはもうちょっとばかり調べてみよう。

 
そういえばSMARTはこの暴落の中でもキラリと光っている。

買った時にググった範囲では、SMARTを話題に出している奴はいなかった。

情報が少ない中、自分で判断して買ったコインなので、人気が出るとやっぱり嬉しい。

 
でも流石に33位はちょっと頑張りすぎかなぁ…。

一時的に売っちゃおうかなぁ…。

うーん、悩む。

 
 
 
草コインを扱うのであれば、国内よりおも海外取引所がオススメだ。

CoinExchangeは扱う銘柄数がかなり多いため、草コインを探すのにはもってこいだ。

夜にちょっと重くなるのが難点だが、本人確認の必要もないので始めやすい。

Binanceは中国発で世界最大手の取引所である。上場のスピードも速く、扱う銘柄は将来有望なものが多いので上場したコインは総じて騰がりやすい。

独自トークンのBNBも値上がりが期待できる魅力的な銘柄だ。

Kucoinは最近人気が出てきた台湾の取引所であり、配当型のKSCをはじめ多数のコインを扱っている。

3つとも国内取引所とは比べ物にならないくらい多くのコインを扱っており、人も続々と集まっている。

 
国内取引所で満足できない奴や、多くの草コインを扱ってみたい奴は挑戦してみたらどうだろうか。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 日本株投資家 より:

    大丈夫?

    • ひろせん より:

      FXに手を出して一気に破産に…

      なんてことはなく、ちょっとサボってました。
      心配してもらって申しわけない!