開始から三カ月後の仮想通貨投資結果

どうも、ひろせんです。

1月の仮想通貨界はまさに激動と言う他ない。

先日のコインチェックNEM盗難事件も歴史に名を遺すことだろう。

そんな中ではあるが、先日仮想通貨に投資を始めて3ヶ月が経った。

早速その投資結果がどうなっているかを見ていこう。

スポンサーリンク

開始から三カ月後の仮想通貨投資結果

前回までは取引所別に結果をまとめていた。

しかし一月になってから海外取引所の利用をはじめたり、取引所間で資産の移動を行った関係でそれが難しくなってしまった。

そのため今回は、投資額と現在の資産額、そしておまけとして総資産の推移を公開することにした。

  
2018年1/28現在の俺の総資産はこんな感じになっている。

総投資額:94.7万円 現在資産額:265.87万円(+180%)

主力はAPPC、XRP、NEM、XMRといったところだ。

1月に入り、仮想通貨全体で大きな下落があったため、前回よりも総資産額はかなり減っている。

まぁ年末に騰がりすぎた影響もあるだろうし、仮想通貨の普及はまだまだ初期段階である事を考えれば気にする事でもないだろう。

大きな調整は全体の取得平均を上げるためにも必要不可欠なので、むしろ喜ばしいと言えるかもしれない。

 
この3か月間の総資産の推移は次の通りだ。

暴落したと言っても俺が参入した去年の10月末に比べれば全通貨の価値は何倍にも上昇している。

資産が半分になっても余裕でいられるのは、まだ参入がそこそこ早かったからだというのが大きいだろう。
 
 
コインチェックの一件でNEMが注目されつつある。

俺自身もNEMを調べるいい機会になったし、もう少し欲しくなった。

最近は海外取引所扱いのコインばかり調べていたが、資金が出来たらNEMを追加購入する事もあるかもしれない。

 
今回の事件で、色々と事実が明るみに出た。

俺が一番驚いたのは、その現実離れした数字である。

社員70人余りの企業が460億円ものキャッシュを稼ぎ出していた事。

BTCやXRPよりも知名度が低いNEMを、コインチェック口座だけで26万人もの人々が持っていた事。

これらは不正送金されたことよりも俺にとってはるかに衝撃的だった。

 
以前はTwitterをほとんど使っていなかったが、最近は情報収集のために結構な頻度で利用している。

それを見ていると、改めて世の中の動きの速さが感じられるし、俺の知らない世界が沢山ある事を知らされる。

やっぱりツールは使ってみなければその良さは分からないもんだなぁ。

 
次はまた1カ月後に投資結果を記事にする予定だ。

俺の予想では、しばらく仮想通貨市場全体が横ばいの動きになりそうである。

このところ値動きが激しく、そちらばかりに注目してしまっていたが、ブロックチェーンの技術や各通貨の特徴などをもう少し本腰を入れて勉強してみたい。

俺は残念ながら情報技術について専門的な知識があるわけではないので解説記事などは書けないだろうが、何かしらのフィードバックが出来るといいなと思っている。

 
 
 
仮想通貨を扱うのであれば次の取引所がオススメだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

コインチェックがサービスを一時停止しているため、国内取引所で他にオススメなのはGMOコインだ。

ライトコインやリップルの売買をするならばここだろう。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だ)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。
 
 
複数の取引所を使えるようにしておくのは、リスクの分散の意味でも必要な事だと思う。

ぜひ2つとも登録してみて欲しい。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする