SmartCashの月次リターンについて

どうも、ひろせんです。

俺が持っている仮想通貨の中に、SmartCash(SMART)というコインがある。

このコインの月次リターンについて大体の数字が分かったので、レポートしたい。

スポンサーリンク

SmartCashの月次リターンについて

SmartCashはBTCやXRP、NEMなどに比べると知名度がかなり低い。

扱っている取引所も、主なところだとCoinExchangeやCryptoBridge、HitBTCなどで買えるが、国内派にとっては聞きなれない名前だろう。

以前に一度記事にしたが、このコインは1000枚以上持っていて、公式のSMARTREWARDSウォレットに入れておけば毎月増えていくという特性を持っている。

公式によれば、新たにマイニングされた量の15%を、条件を満たした各アドレスに振り分けるとの事だ。

 
それが果たしてどのくらいの量になるのかが謎だったが、公式を覗いてみたら計算ツールが追加されていた。

早速自分の1219枚のSMARTがどのくらい増えてくれるかを見てみる。

赤い線で囲ったところが、次回に増える割合のようだ。

「cycle7」と表示されているところを見ると、次回は7回目の報酬タイミングらしい。

肝心の割合は5.2%という事で、俺の持ち分に対する報酬は63枚とちょっとのようだ。

現在の価格で1枚40円程なので、48000円の資産に対して約2500円分が付与されることになる。

これが毎月入ってくるとすれば、なかなか…いや、かなりの収益になるだろう。

 
さて、ここで考えたいのは、この5.2%というのが次回も維持されるのかどうかという点だ。

毎月5.2%複利で増えていくとすると、1年後には1.66倍に、2年後には3.05倍に。3年後には5.6倍に増えていく計算となる。

さらにコイン自体の市場価値も騰がっていけば、数年後にはウハウハの毎日が待っているかもしれない。

うーん、夢がある。
 
 
しかし定量支給だった場合はどうだろう。

毎月2500円が付与され続けると、2倍になるのは約19か月後、3倍になるのは約38カ月後である。

まぁそれでも資産運用的にはかなりのリターンだが、夢があるかというと微妙なところだ。

 
どちらになるのか、原資がどこから来るかという視点で考えてみる。

報酬の原資になるのは、新たにマイニングされたコインのうちの15%だ。

これが1000枚以上保持しているアドレスに、所持量に応じて配られる。

マイニング量はビットコインのように時の経過とともに段階的に減っていくよう設計されているが、とりあえずこれは無視しよう。

すると、例えば今月マイニングされる量と来月マイニングされる量はほぼ等しくなる事が考えられる。

当然報酬として配られる15%の額は今月も来月も同じという事になり、また新たな報酬や売買により1000枚以上保有するアドレスが増えればその分割り当ては減るだろう。

 
という事は、今月より来月は報酬として支払われるコインは少なくなる事が予想される。

 
先ほどの割合か一定量か、という話に戻れば、結論としては「報酬タイミングが来るごとに、ちょっとずつ貰える量が少なくなる」という感じになるだろう。

 
うーん、自分で結論を出しておいてなんだが、ちょっとしょんぼりしてしまう。

まぁでもリターン的には株式なんかよりも非常に良いので、ウォレットに入れて放っておくうちに結構増えてくれそうだ。

それに報酬としてもらったコインも次の報酬タイミングの保有量に反映されるので、思っているよりも少なくならず、一定量もらうのに近い感じになるかもしれない。

 
ま、あくまでも貰えるのは日本円ではなくSmartcashなので、このコインの市場価値がなくなってしまえば全ては水の泡ではある。

しかしSmartcashはNEMやXPのようにコミュニティ重視のコインでもあるので、おそらくだが使われるようになってくれるような気がする。

 
俺は2/25に報酬を受け取れる予定なので、実際にどのくらいもらえるかは楽しみにしておこう。

 
※記録のために書き残しておくが、少し前にCoinExchangeで持っていた他のコインを売却し、SMARTを新たに240枚ほど購入した。

こちらもウォレットに送ってあり、今の残高は1,459.4842 SmartCashとなっている。

 
仮想通貨を扱うのであれば次の取引所がオススメだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

また、コインチェックの盗難事件以後セキュリティ対策室を設置した点も高く評価できる。

コインチェックがサービスを一時停止しているため、国内取引所で他にオススメなのはGMOコインだ。

ライトコインやリップルの売買をするならばここだろう。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だ)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。
 
 
複数の取引所を使えるようにしておくのは、リスクの分散の意味でも必要な事だと思う。

ぜひ2つとも登録してみて欲しい。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 日本株投資家 より:

    株も仮想通貨も大暴落ですね。
    ノーポジなので余裕ですが底が確認できたら全力買いします!明日以降だと思いますが。

    • ひろせん より:

      今ノーポジであるのは、とても有利だと思いますよ。

      ぜひ底打ちで買い増してください。恐らく底打ちは明日ではなく、もう少し先です。

  2. 日本株投資家 より:

    売却した後に1000円さがり、1000円×1000株=100万円助かりました。
    この暴落のなか、がちほされてるかたの精神力に感服します。
    ダウがきになりますが、様子をみて尻尾はくれてやれで買い戻します。

    • ひろせん より:

      短期投資は難しく、この下落前に売られたのであればその腕に感服いたします。
      さらに難しいのは買い戻し時ですよね。コツはおっしゃる通り、尻尾はくれてやれの精神だと思います。

      私は株を処分するのは少なくても20年か30年後くらいなので、資産の増減は特に気にしていません。
      面白くするために、気にしているような記事を書くことはあるかもしれませんが…。
      でも買う時は出来るだけ安い方がいいですね。