コインチェック事件で疑問に思っている事

どうも、ひろせんです。

コインチェックでNEMが盗難に遭ってから少し経ったが、今もまだ疑問に思っていることがある。

それはなぜNEMが狙われたのかということだ。

スポンサーリンク

自分が狙うならばどの通貨を狙うか

俺は今回の件に興味があったので、事件後から積極的に情報にアクセスしている。

日々映画のような展開だが、ふと考えるとどうしても疑問に思うのだ。

なぜNEMが狙われたんだろう?
 
 
事件直後、盗まれたNEMが入っている犯人のウォレットには早々に印がつけられ、また取引所にはその印が付いたウォレットから入金されたNEMは取引できないよう手を回されている。

犯人も小額を不特定多数に送金したり、自ら取引所を開いたりと手の込んだことをしてくる。

しかしこんな流れが分かるのも、盗まれた通貨がNEMだからである。

 
例えば俺が自分で私腹を肥やすために盗むのであれば、まず最初に狙うのは匿名通貨だろう。

コインチェックは国内でも珍しく匿名通貨を扱っている。

具体的な銘柄で言えば、ZcashやMonero、Dashの3つだ。

中でもMoneroは特に足が付かないシステムになっている。(俺の認識が間違っていたら済まない)

またMoneroはダークネットでも需要があると言われているので、換金する点においても有利だろう。
 

となれば、まず狙うべきはMonero(XMR)だろう。

それが難しければZcashやDashなどを狙っていく。

 
その次に狙うとしたらBTCだろう。

世界中で需要があり、換金性には申し分が無い。

過去にマウントゴックスの盗難事件があったが、あれも結局解決していなかったように思う。

BTCならアドレスの追跡は可能だろうが、匿名通貨への両替も簡単なので追跡は困難になっていただろう。

 
もしそれもダメなら、次はETHやBCHを狙うだろう。

理由はカンタンで、BTCに続く知名度があり、取引量が多いからだ。

一方NEMは、今一番勢いがあるであろうBainanceで取り扱っていない。

日本最大手のbitflierでも取り扱っていない。

時価総額は結構上位の方だが、そもそも換金性がそんなに良くないのだ。

 
こんな事を考えると、NEMが狙われたこと自体が不思議である。

 
セキュリティ面の問題もある。

今回の事件でNEMのセキュリティ性が知れ渡る事になった。

例えばテックビューロの朝山氏の言葉を借りれば、NEMほどマルチシグからコールドウォレット対応まで簡単な通貨は少ないそうだ。

すると内部事情が分からなければ、NEMはセキュリティ対策が取られていると予想される通貨に分類される。
 
まぁ俺はハッカーほど知識が無いので、外部からでもセキュリティの穴は分かるのかもしれないが…。

 
そういったことを考えると、なんとなく犯行には内部か、それに近い関係者が関わっているのではないかなんて邪推をしてしまうのは自然かもしれない。

そうではなく、本当にたまたまNEMが狙われたのかもしれないが、「たまたま」NEMが狙われたにしては、ちょっと条件が悪いような気がする。

 
もし犯人が逮捕されるようなことがあれば、どうしてNEMを狙ったのか、そこをぜひ聞きたいものである。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 日本株投資家 より:

    やみのせかいで生きてるものがやみのせかいで資金洗浄につかわれている匿名性の高いコインをぬすまないでしょ。自分で自分の首をしめることになります。

    • ひろせん より:

      例えばモネロだと、CCから送金された時点でどこの誰に送ったのか分からなくなります。
      一度に大量に売りに出せばわかるかもしれませんが、少量ずつ各地の取引所で処分していけば足はつきません。

      この辺りは少し勉強すればよく分かると思います。