匿名通貨の需要について

どうも、ひろせんです。

コインチェックの一件以来、匿名通貨の扱いについて色々な意見が挙がっているように思う。

扱うべきではないという意見や、通貨自体に問題性はないという意見など様々だ。

そんな中、俺は匿名通貨は価値が下がりづらく、また消滅しづらいものだと判断して所有している。

スポンサーリンク

匿名通貨の需要について

今は取引停止中だが、コインチェックを通して買える匿名通貨はDashやMonero、Zcashなどがある。

また、確かライトコインも匿名機能が付く予定だった覚えがある。こちらはまだ未実装だろうか。

 
匿名通貨というと、人身売買や兵器売買、売春など違法性のある取引に用いられやすいというイメージがあるだろう。

俺も実際にそういう面はあると思う。やはり追跡されないという点は大きい。

だからこそ取引所での取扱いに賛否があり、コインチェックの登録が下りない要素のひとつであったという説も説得力がある。

 
しかし、違法取引以外にも匿名取引というのは絶対に需要がある。

例えば企業間取引などだ。

秘密裏に進めたいプロジェクトがあり、その支払いに仮想通貨取引が必要になったとする。

例えばBTCやNEMなど透明性の高い通貨の取引では、素人に毛が生えた程度の俺でもその資金の流れを追う事が出来る。

同じ企業が同じウォレットアドレスを使っていれば、どこの企業がどこにいくら入金したのかが瞬時に分かるわけだ。

 
とすると、その企業の動きが他社に分かってしまう。

もっとも、分かるのはアドレス表記なのでその都度一回限りのアドレスを使うという手はあるだろう。

しかしその一回限りのアドレスにもメインウォレットから入金する必要があるだろうし、調べる気のある奴ならばたどり着けそうだ。

大企業などは、自分の資金の流れを他社に調べられるほど不利なことはないだろう。
 
 
そんな事を考えると、匿名通貨の需要というのは消えない気がする。

むしろ仮想通貨の普及につれて、需要は増えていくと考えられる。

コインチェックが業務再開に際し、匿名通貨の取り扱いを辞めるとしても、それは変わらないだろう。

一時的に売りが殺到して相場は下落するかもしれないが、本当に一時的なものになろうと思う。

 
俺が最初に選んだ4つの中にMoneroを入れた理由も、その辺のことがあった。

仮想通貨という分野に投資するならば、清濁併せ呑むような投資がいいんじゃないだろうか。

そんな気持ちで今も匿名通貨3種を所有している。

 
 
仮想通貨を扱うのであれば次の取引所がオススメだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

また、コインチェックの盗難事件以後セキュリティ対策室を設置した点も高く評価できる。

コインチェックがサービスを一時停止しているため、国内取引所で他にオススメなのはGMOコインだ。

ライトコインやリップルの売買をするならばここだろう。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だ)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。
 
 
複数の取引所を使えるようにしておくのは、リスクの分散の意味でも必要な事だと思う。

ぜひ2つとも登録してみて欲しい。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする