低迷しているNEMは「買い」なのか?

どうも、ひろせんです。

仮想通貨市場は全体的に上昇傾向であるが、コインチェックから盗難されたNEMがダークウェブで取引されている影響か、NEMの価格は低迷している。

果たして今のNEMは買いなのか?売りなのか?

それについて今日は記事を書こうと思う。

スポンサーリンク

結論から言えばNEMは買い一択

初めに言っておくが、俺も多少のNEMを保有しているのでポジショントークになる。

BTCが最高値の半分ほどまで回復してきたのを見れば、未だ最高値の1/4以下であるNEMは割安といえるかもしれない。

NEMについてはコインチェックからの盗難でセキュリティ面が甘いだの、コイン自体にも問題があったのだの、色々なことが言われてきた。

今回の件はNEM自体に問題があるわけではなく、多少なりとも勉強している俺から見れば、いかに明後日の方向の解釈かがよく分かる。

 
しかし大衆はそうではなかったようで、そんな報道が繰り返される中NEMの価値は下落し続けてきた。

さらに犯人が様々な方法で資金洗浄を行い、結果として多くのNEMが闇市場に出回る事態が起き、この下落に一役買っている。

今も一日10億NEMほどが売りに出されており、3月半ばほどまで続くのではないかと懸念されている。

 
ではもうNEMに未来はないのだろうか?

NEMを買う行為は、損するだけの結果に終わるのだろうか?

 
そんな疑問を粉砕しつつ、俺は今が絶好の買いタイミングであると断言する。

それはNEMの性能がどうとか、仮想通貨盗難に対してどうとか、そういう話からではない。

単純に「参加ユーザーの取得単価」という面から見た理由だ。

 
日本人に大人気のXRPもそうだが、初期からある多くの通貨の最初の価値は1円に満たなかったりする。

NEMも当初は1円未満であり、その価格帯で入ったユーザーは今から参入するユーザーが考えられないほどの量を買い占める事が出来たはずだ。

それも一人ではなく、かなり多くのユーザーにチャンスがあったと考えられる。

 
NEMの価格が騰がるにつれて、市場ではこのユーザーの何割かが段階的に売っていく事だろう。

すると定期的に暴落する事は避けられない。

売買を伴う投資対象は必然的にこれを繰り返していく事になるし、それは自然な事だからだ。

 
NEMの場合は、そういった多くの「低価格時に買い占めたユーザー」が強制的に売却させられたともとれる。

犯人には取得単価という概念が無いのでバンバン売るが、それを買ったユーザーには取得単価が設定される。

すると何が起きるか。

本来なら1円未満から200円超までバラバラだった5億余りのNEMの取得単価が、50円前後に統一されるのだ。

 
当然、全体的な取得単価は大幅に上がる。

取得したユーザーは取得単価以下で売りたくないので、50円前後に厚い底が出来るはずだ。

 
これがどういう意味を持つかは、投資をかじった者ならわかるだろう。

その厚い底は、同じ道筋を辿ってきた他の通貨に対してかなり大きな違いを持つはずだ。

 
それでも盗難されたNEMを扱うのは嫌だな、という奴は多いかもしれない。

しかし幸いなことに、Zaifなどを通して買えば盗難されたNEMを掴むことは無いだろう。

NEM財団理事を務める朝山氏が運営するZaifであれば、盗難モザイク印をつけられたウォレットからのNEMを扱う訳はない。

泥棒の片棒を担がされるのでは?と心配している奴は、Zaifを通して買ったNEMについては安心していいだろう。

 
NEMの性能や普及に関する雰囲気を考慮し、また上記の理由を考えれば俺のNEMに対する評価は買い一択である。

昨日も少しばかり余剰が出た資金で買い増したが、もうちょっと低迷してくれると嬉しい。

欲を言えばハーベストが出来るくらいまで買い増せればグッドである。

 
 
仮想通貨を扱うのであれば次の取引所がオススメだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

また、コインチェックの盗難事件以後セキュリティ対策室を設置した点も高く評価できる。

コインチェックがサービスを一時停止しているため、国内取引所で他にオススメなのはGMOコインだ。

ライトコインやリップルの売買をするならばここだろう。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だ)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。
 
 
複数の取引所を使えるようにしておくのは、リスクの分散の意味でも必要な事だと思う。

ぜひ2つとも登録してみて欲しい。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする