ビットコインは盛り下がっているのだろうか

どうも、ひろせんです。

年始の暴落以降、仮想通貨全体の取引量は減少傾向にあるらしい。

非常にマズいという奴もいれば、(俺を含めて)今が買い時だなんていう奴もいる。

スポンサーリンク

ビットコインは盛り下がっているのだろうか

取引量が減少傾向にあるという事は、簡単に言えば、人が抜けているという事だ。

つまり、盛り下がっているわけである。

しかし、ビットコインに注目するとその価格は落ちていない。

むしろ下落後の80万円前後から徐々に値を戻し、今は120万円付近をウロウロしている。

 
参加者がその資産を売り払って抜け、新たに参入する奴が少ないのであれば、取引量の減少とともに価格も下落するように思う。

とすれば、値が上昇傾向にあるというのはちょっと不思議だ。

 
そこでちょっと考えを巡らしてみる。

取引量が減少しつつ値が上がる状況とは、どういうものなのか。

 
単純に売りも買いも少なければ、値もあまり動かないだろう。

売りが多く買いが少なければ、値は下落しそうだ。

売りが少なく、買いが多ければ値は上昇するだろう。

まぁ当たり前の理論ではある。

 
これに取引量の減少を考慮してみる。

値の上昇を考えれば、「買いが少なく、売りはもっと少ない」という事になる。

売りがとても少ない状態は、すなわち長期ホールド勢が多い状態とも言える。

いわゆるガチホ勢だ。

つまり、年末年始の急上昇時に参入した奴らが下落と共に投げ売ったビットコインが、長期ホールド勢に渡った状態であると見る事が出来そうだ。

そして価格の下落とともに興味を持っていた層が徐々に参入しているか、既に参加している奴らが買い増しているかどちらかの状況になっているとみえる。

盛り上がっているとも、盛り下がっているとも言えない状況だ。

 
すると今後はどうなるのだろうか。

価格が上昇していけば長期ホールド勢の中から利益確定したい奴が出てくる。

また、価格が上昇していくことで再び注目され、「下落したところで参入しよう」という奴も増えてくることだろう。

すると長期ホールド勢の利確売りで下落しても、それを期にに流入資金が増え、価格はまた戻り…という流れになる。

そう、これは今までの上昇相場と何も変わらない流れだ。

あまりに当たり前すぎて、「ひろせんは何を言っているんだ」という奴まで出てくるほどかもしれない。

 
オリコンの調査で、仮想通貨売買に関わったことがある人口は調査対象の2.7%程度だという結果が出ていた。

つまりまだ圧倒的少数の中で繰り広げられている相場であり、今後もそれは続くような気もする。

 
さらに言えば、参加していないユーザーが参加しない多くの理由が「リスクが怖いから」だそうだ。

俺が思うに、これは仮想通貨に対する「無知」から来るものである。

無知から来るリスク感覚で避けられているのであれば、普及とともに参入者が増え、価値が上昇していく事は予想できる。

 
まぁこんな理由で俺は今もちょっとずつ仮想通貨を買い増している。

今買い増しているNEMはちょっと周辺環境の成り行きが悪いが、NEM自体に問題は無いとの判断だ。

価格が低迷しているだけ上昇時の効果は高いだろう。

 
仮想通貨自体が消滅する流れだったら、追加投資も無に帰す事は免れない。

この辺は自分の判断を信じるしかないだろうね。

 
 
仮想通貨を扱うのであれば次の取引所がオススメだ。

Zaifは手数料やスプレッドがほぼ無いに等しい上に扱うコインやトークンの種類が多いので、登録しない手はない。

短期から長期の売買まで、幅広く使えるだろう。

また、コインチェックの盗難事件以後セキュリティ対策室を設置した点も高く評価できる。

コインチェックがサービスを一時停止しているため、国内取引所で他にオススメなのはGMOコインだ。

ライトコインやリップルの売買をするならばここだろう。(他の3種類はZaifで板売買が出来るので、そちらの方が有利だ)

ネット証券のように即時入金サービスがあり、土日でも手数料なしですぐに資金を投入できるのも魅力だ。
 
 
複数の取引所を使えるようにしておくのは、リスクの分散の意味でも必要な事だと思う。

ぜひ2つとも登録してみて欲しい。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする