副業解禁の行く末

どうも、ひろせんです。

世の中は副業解禁の流れに向かっている。

その流れの先には何が待ち受けているのだろうか。

今回は、ちょっとばかり想像を膨らませてみよう。

スポンサーリンク

副業解禁の行く末

俺が思うに、副業解禁によって社員が二極化する流れが起こると思う。

一方はスキルを活かし、本業以上に稼いでしまう者。

もう一方は副業自体をしないか、多少の小銭を稼いで、生活を少しでも楽にしようともがく者である。

 
おそらく前者は社内でも有能な集まりであり、後者はその他大多数の者たちであろう。

能力やアイデアを持っている奴は、一端稼ぎ出せばそれをどんどん増大させていく事が出来る。

するとどうなるだろうか。

本業以上に稼ぎ出した奴らは結構な割合で、そちらにシフトしていくのではないだろうか。

 
今までは転職という形で能力がある奴が企業間を回っていた。

しかし副業解禁によって自分の稼ぐ能力に気が付いた奴は、そのサイクルの外に出る可能性が高い。

 
となると、有能な者はどんどん起業して個人事業主や小規模法人となり、日本の企業には無能な奴しか残らないという流れが出来上がるだろう。

その結果、大企業は体力を使い果たして崩れ落ち、その分中小企業が増えていく事になる。

しかしその中小企業が大企業化する事は無いかもしれない。

その中小企業から、また中核となる有能な人材が独立していくからである。

 
すると未来には、大企業という存在は消えてなくなる運命が待っているのだろうか。

または、副業する必要が無いくらい居心地の良い企業が残る事になるのかもしれない。

 
ま、いずれにせよ今よりは良くなるような気がする。

副業解禁によって、労働者にはよりよい未来が待っているかもしれないぜ。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする