財布の在り方を見直す

どうも、ひろせんです。

財布の小銭入れ部分が消耗し、穴が開いてきてしまった。

モノは使い倒す方針だが、流石にこの状況は不味いかもしれない。

という事で新しい財布の購入を検討しているのだが、俺にとってどんな財布が最適かどうかもちょっと考えてみる。

スポンサーリンク

常識を疑え!財布は本当に必要なのか!?

そもそも俺に必要な財布の形はどんなものだろうか?

今使っている財布は、二つ折りのモノだ。

買ったのはもう何年も前だが、別にブランドものでは無かったと思う。数千円くらいだったか。

カードが10枚ほど入り、小銭入れもある。また、札入れは2層に分かれている。

 
投資界でよく目にするのは、「金持ちになりたかったら長財布を使え」という文言だ。

まぁ確かに金持ちが長財布を使っている姿は、イメージとして何となくある。

思い返してみれば、ブランド物は決まって長財布だ。

 
しかし、俺にはちょっと疑問がある。

財布とは所詮金入れだ。

その機能は、別に長くても二つ折りでもそう変りはないはずだ。

 

以前、「お金を大事にする意識が芽生える」という理由で長財布を勧めているのを見た。

二つ折りはお札が傷みやすいからダメだとかなんとか。

でもフルインベストメント派の俺は思うんだ。

そもそも財布に金を眠らせている時点で大切にしてないんじゃないか?って。

 
金は働かせてこそ価値を生むわけで、それを財布に入れておくような人間は間違ってるんじゃないだろうか。

給料振込後、即投資の俺の方が金を大切にしてるんじゃないか?

兵隊を待機させるなら、場所を与えて働いてもらった方が良いんじゃないのか?

 
まぁ当座の支払いに必要な額を入れておくのはしょうがないだろう。

しかし必要ない時に現金を入れておく必要があるのだろうか?

 
今の俺の生活スタイルからすると、ハッキリ言って小銭入れ部分は不要だ。

普段の買い物はほとんどカードが使える。

まぁ旅先でちょっと買い食いしたりするには不便だが、その機能を別にいつも持ち歩く必要はない。

すると、定期とクレジットカードが入れば日常でほぼ困る事はない。

クレジットカードは楽天一枚しか持っていないし、後はポイントカードを数枚入れられれば御の字だ。

 
とすると長かろうが短かろうが構わないが、俺の財布には「小銭入れ」は必要ないという事になる。

つまりマネークリップのようなものでも良いかもしれない。

おお、マネークリップなんてそれこそ上流階級が使うような奴だ。

「釣りはここに入れといて(募金箱をトントンしながら)」なんて感じだ。

 
まぁ募金なんてする気も無いので、小銭入れが無いと心理的に現金が使いづらくなるだろう。

おつりの扱いに困るからだ。

すると、現金払いの立ち飲み屋にフラっと寄ってしまう事も無くなるだろう。

仮想通貨への投資額の確保のために最近はかなり減ったが、それでも恥ずかしながら誘惑に負ける時はある。

 
こんな事を考えれば、小銭入れの無い財布を試してみる価値はある。

カード類と定期、そしていざという時のためのお札がいくらか入れば良い訳だから、これは定期入れでも代用が可能だろう。

ちょっとばかり新しい財布を買うのは保留にして、定期入れのみの生活を試してみようか。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. 日本株投資家 より:

    バフェットが仮想通貨を痛烈に批判しています。下落はそのせいでしょうか。
    どこまで下がるでしょうか?

    • ひろせん より:

      バフェットの仮想通貨批判は今に始まったことではありません。
      市場は下落していますが、暴落と言えるほど下がる事はないと思いますよ。

      GW中、もしくはGW明けに上昇した過去があるため、私はそれを期待して仕込んだ層が一端撤退したのではないかと見ています。
      大衆が動くのには何かきっかけが必要なので、今回はバフェットの発言がそれに当たったのではないでしょうか。