バフェットが仮想通貨に否定的な理由

どうも、ひろせんです。

前回はビットコイン価格について触れたが、今回はバフェットについて触れてみたい。

バフェットは当初から仮想通貨に対して否定的な態度を取っている。その理由について考えてみよう。

スポンサーリンク

バフェットが仮想通貨に否定的な理由

俺が考えるに、バフェットが仮想通貨に対して否定的なのは、そもそも仮想通貨というモノ自体が彼の投資対象から外れているからだ。

バフェットの投資法は端的に一言で表すことが出来る。

彼がやっているのは「効率的に、また永続的にお金を生み出し続けるマネーマシンを探し出して所有する」ことに尽きる。

つまり投資対象は、その価値が自己増殖する資産でなければならない。

そしてこの仕組みを持っているのは世界で唯一「株式」だけなのだ。

 
さて、この観点から仮想通貨を見てみよう。

仮想通貨自体は自己増殖することは無い。

もしかするとPoSやPoI、またSMARTなど一部のPoW通貨は所有していれば数が増えるため、それに当たるのではないか?と思う読者もいるかもしれない。

だが、これらは単純に数は増えるものの、それによって通貨全体の価値が増殖するものではない。

要するに数が増えた分、薄まっているのである。

株式投資に例えるならば、株式分割を延々繰り返しているようなものなのだ。

 
ではなぜ通貨の価格自体は上昇傾向にあるのか?

前回の記事でビットコインを野球カードに例えてみたが、俺は仮想通貨の価格が上昇する流れは、野球カードに価値が出る流れとほとんど同じだと考えている。

簡単に言えば欲しいと思う人間すべてに行きわたるだけカードの総数が無く、需要>供給の図式が成り立っているために価格が上がっていくのだ。

 
野球カード自体は自己増殖することは無い。

しかし、例えば大谷選手が前例のない活躍をすることによってそのカードを保有したいという人間が増え、より多く金を出した奴が所有できるというシステムの下でなら価値が上がっていくわけだ。

そのため値上がり期待で買うという「野球カード投資」なるものも存在する。

 
機会があれば俺はバフェットに聞いてみたい事がある。

その質問とは、「野球カードは魅力的な投資対象ですか?」というものだ。

おそらくだが、バフェットは首を横に振るだろう。

また、大谷選手のカードが何十万、何百万という値で取引される状況について聞けば、「人々は憶測を好み、賭けを好む」なんて言うかもしれない。

野球カードの本質的な価値は紙とインク代だけであり、自己増殖もしない。

バフェットの投資対象外である事は明らかだ。

 
以上の事を考えると、そもそも仮想通貨投資についてバフェットに聞くこと自体が間違っているとも言えよう。

バフェットが仮想通貨投資について否定する事は当たり前なのである。

 
まぁ仮想通貨自体はまだまだ社会実験的な立ち位置であり、今後どうなるかは誰にもわからない。

自分で考えて、「持っていたいな」と思うのならば保有しておけばいいし、「分からないから興味ないな」と思うのならば手を出さなければいいのだ。

誰かの意見で動いていると、消耗するだけだと思うぜ。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする