頼むから俺のメンチカツをいじめないでくれ

どうも、ひろせんです。

金曜日の夜といえば、晩酌を楽しみにしている身としてはことさらに楽しい時である。

飲みに行くこともあるが、自宅でまったりと盃を傾けるもまたよし。

今宵はジャズでも聞きながらハイボールでも傾けよう。そうだ、つまみは前から気になっていた近所の揚げ物屋で調達しよう。

そう、それはそんな楽しみを胸に抱きながら、油断すればスキップでもしはじめそうな今日の夕方の事だった。

スポンサーリンク

頼むから俺のメンチカツをいじめないでくれ

その揚げ物屋の人気メニューは和牛が入ったコロッケだという。

値段は1つ100円。コロッケとしては少々高いが、揚げる前のモノが並んでおり、注文を受けてから揚げるという。

俺はコロッケが好きだ。それも、揚げたてに限る。

弁当に入った、湿気を吸ったのが好きだという奴もいる。別に否定する気はないが、俺はやはり揚げたてのカリカリが好きだ。

とりあえず手始めにコロッケを頼む。が、しかしその横に鎮座する品物にも目が行く。

メンチカツだ。

そう、俺はメンチも好きだ。ジュワっと広がる肉汁。少々やけどしても後悔しないそのウマさ。

メンチを頼まずしては俺のメンツが立たない。
 

メンチとメンツ。

すまん、少々酔っているのである。面白いと思って書いたがそうでもなかった。

しかしメンチがあって見逃す手はない。俺はメンチも頼んだ。

ハイヨ!という威勢がいい声と共に油に投入されるコロッケとメンチ。

残念ながら替えたてではないその茶色い油が、逆にこの店が繁盛している事を思わせる。
 

「アイヨ!」

前の客のコロッケが揚がる。こいつも今日のコロッケを楽しみに帰ってきたのだろう。少し親近感がわく。

店主がセットしたタイマーを見る。まだ2分少々あるようだ。

そうだ、夕方に更新がありそうな米国株ブログでも見るか。そう思ってスマホを取りだす。

しかしジュワジュワと揚がるコロッケとメンチが、急上昇中のアイドル張りに「もっとわたしを見てなきゃダメよ!」と言っているように感じる。

俺はスマホをしまい、揚げられているコロッケとメンチを見つめることにした。
 

揚げ物の揚げ時は、ジュワジュワと出てくる泡が小さくなった時だと聞く。

俺のコロッケは揚がり時か?俺のメンチは頃合いか?
 

その時、店主が動く。

まず、コロッケを油からあげる。うむ、きつね色の良い揚げ色だ。こりゃきっとウマいに違いない。

続いてメンチをあげる。メンチもいい感じだ。ふっくら感が一目見ただけでもわかる。肉汁がほとばしりそうだ。

それから店主、持ち帰り用の容器にコロッケとメンチを詰める…と思いきや、詰めない。
 

何を思ったかその店主、俺のメンチをトングでギュウギュウ押し始めたのだ!!

 
やめてくれ!俺のメンチになにか恨みでもあるのか!俺のメンチをいじめないでくれ!

俺は確かに牛がたっぷり詰まったメンチが好きだ!でもギュウギュウに押したメンチは別に望んでない!

きっと余分な脂を追い出しているつもりなのだろう。しかし、そのしたたる液体がまた揚げ油の中に戻り「ジュワワワワワワ」と派手な音を立てているのを見ると、追い出されているのは絶対に余分な脂じゃない。旨みのたっぷり詰まった肉汁だ。
 
やめてくれ…もうだいぶ出ちゃっただろう…

だが、店主は手加減してくれない。
 

およそ10秒間ほどだっただろうか。肉汁の枯れ果てたメンチは当初のふっくら感が見る影もなくなり、スリムボディになってしまった。

俺は落ち込んで家路についた。
 
 
メンチは旨かった。が、やはり何かが物足りない旨さだった。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする