コインチェック匿名通貨+α上場廃止!やはりこうなるか…

どうも、ひろせんです。

コインチェックが匿名通貨とREPの上場を廃止した。

一部仮想通貨の取り扱い廃止のお知らせ

前から匿名通貨は危ないと言われていたのだが、やはりこうなるか。

スポンサーリンク

そもそも匿名通貨じゃなくても海外取引所を介されたら追跡不可能だと思うのだが…

匿名通貨であるMonero,Zcash、Dashは一応、送金のやり取りが分からなくなる機能が付いている。

おそらく日本政府としては(いや、金融庁か)追跡できない通貨を取り扱うのは不味いのではないかという姿勢を取ったに違いない。

長らくコインチェックがみなし業者だったのも、この匿名通貨の取り扱いにこだわったからだろうと思われる。

 
しかし、NEMの盗難事件をリアルタイムで見ていた者として思う。

そもそも匿名通貨ではなくても、追跡をかわす方法はいくらでもあるんじゃないだろうか。

NEM盗難の時は、犯人がWeb上に取引所を開設し、値引き売りする事で追跡をかわした。

モザイク機能を持ち、事件からホワイトハッカーが迅速に対応したNEMですら追跡不可能だったわけである。

 
そんな方法を使わなくても海外と取引所や両替所を介する事で、追跡は限りなく不可能に近くなる。

例えばメジャー通貨であるBTCとETHだけでも、これは可能だと思われる。

この二つは大多数の取引所で扱いが可能だ。

例えば1億円の不正な金があるとしよう。

10か国の取引所に口座を開設し、日本から送ったBTCをそれぞれの間で複雑にやり取りし合い、最終的にまた日本に送り、現金化するとする。

これを追跡するためには、日本政府は10か国の取引所に対して取引記録の開示を求める必要があり、これは数を増すほど面倒臭くなっていく。

追跡不可能とまでは行かないが、外交上の問題なども考慮すればなかなか骨の折れる作業だ。

まぁ手軽さと引き換えではあるが…俺ですら他にも思いつく方法があり、やろうと思えばいくらでもやりようはあるのだ。

 
個人的には、この決定は非常に残念だ。

例え犯罪に使われることが多いと言われる匿名通貨でも、やはり需要はある。

下落はしているが、暴落とまでは言えない市場を見ると織り込み済みだったのかもしれない。

 
匿名通貨自体の価値が暴落する事はないと思うので、とりあえず俺はバイナンスに送金することにしようと思う。

こうやって顧客がまた海外に流れていく不利益もあると思うんだがなぁ…。

 
そうそう、暴落と言えばモナコインへの攻撃の方がこんな事よりもかなり重大だ。

PoWへの挑戦と言ってもいい今回の攻撃だが、予想されていた事ではある。

しかし膨大なハッシュパワーを要し、難しいと思われていた方法だ。

これが実行されたとなると、仮想通貨界にかなりのどよめきがあったのではないかと推測する。

 
理解できない読者を置いてきぼりにして言えば、こういう時にこそBTCが輝くのである。

モナコインはランキング的にもそこそこ上の方なだけにショッキングな出来事ではあるが、乱立したコインが淘汰されるには十分な事件かもしれない。

2018年は淘汰の年と呼ばれることもあるが、良いきっかけになるかもしれないと個人的には思う。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする