2018年9月末の資産状況と投資先

どうも、ひろせんです。

ようやく涼しくなってきた。読者の中にも、ちょっと体が楽だなぁと感じる日々が増えた奴も多いだろう。

最近は窓を開けて寝ると風邪をひきそうになってしまうほど冷え込む日もある。

一方、株式市場は冷え込むどころか盛り上がっているようだ。

米国株は順調だし、日本株も28年ぶりに高値を更新したらしい。

株式市場が盛り上がるのは結構だが、基本買いオンリーの投資家としてはモヤモヤしたものもある。

さて、そんな中だが今回も資産状況を見ていこう。

スポンサーリンク

2018年9月末の投資先と資産状況

まずは米国株から!

今月はVOOに投資したが、資金不足で1株しか買えずじまいであった。

まぁ高値更新中のタイミングでもあったので、無理して買わなくてもいいかという気持ちもあったのは否めない。

為替も円安ドル高方向だし…正直に言って、こういう時は追加投資しにくい。

 
個別株を見れば、MOとPGがもう少しでプラ転か!?というような勢いを感じる。

GEは正直、ここまで下げるとは思わなかったなぁ。

さらにタービン不具合で下げそうだし…これはそろそろ買い増しアリなサインかもしれない。

次に個別株投資ができるとしたら冬のボーナス時だが…その時にはどのくらい安くなってくれているだろうか。

 
全体的に見ると、やっぱりインデックスは正解のひとつだなぁという感想を持つ。

個別株は株式投資の醍醐味ではあるが…やはり難易度が高い事は否めないなぁ。

 
続いてideco!

米国経済が発展していけば、俺の資産も増殖していく。

最近は色々なサイトでリセッションの時期を予想する記事が増えてきた気がする。

俺の意見を正直に言えば、景気の減退や株価の暴落など、完璧に予想する事は不可能だ。

「インデックスファンドにドルコスト法で投資する」という行為を自動で行える点において、idecoは本当に優れた制度だと思う。

もちろん、節税面も考慮してである。

 
最後に仮想通貨!

(投資額:116万4千円)

相変わらず散々な状況だが、リップルの盛り上がりに続いてBCHの盛り上がりなど、なんとなく盛り上がるんじゃないか?という雰囲気に移りつつある。

こういうのは時価総額が大きい「確かな投資先」から盛り上がっていくのではないかという気がするので、そのうちNEMにも資金が回ってきそうだ。

 
そうそう、Zaifからの不正送金を受けて、ETHをXEMに替え、自分のウォレットに移しておいた。

これは取引停止リスクへの対応である。

もちろん、ETHで持っているという選択肢もあった。

だが、やはり長期で持っておくなら少しでも増えるXEMでいいのではないかという考えがあったからである。

もしかすると短期的に見れば、XRPなどに移すのが正解かもしれない。

nemlogなどを見ていると、やはりNEM関連は盛り上がるのではないかという気がする。

うーん、米国株のようにやり方が確立されていない以上、色々な可能性を考えるしかない。

  
ま、先の事は分からない。

今33000余りのXEMを持っている状況は、有利なのか不利なのか…。

何年後かに、答え合わせが出来るだろう。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする