2018年10月末の投資先と資産状況

どうも、ひろせんです。

11月も既に5日ほど経ってしまったが、先月の資産状況を記録しようと思う。

10月は株式市場に大きな調整があった。

ネガティブなニュースもてんこ盛りだ。長年続いた上昇相場は、果たして終わってしまうのか。

それともまた盛り返すのか…そんな事を日々考えながら、仕事が手に付かない奴もいるかもしれない。

俺もポートフォリオのあの銘柄が散々な状態にあるが…おっと、長くなりそうなのでそろそろ本題に入ろう。

スポンサーリンク

2018年10月末の投資先と資産状況

それでは、米国株から。

インデックス投資の割合が大きいので、含み益は大きく減少している。

それでもVTI,VOO,VYM3種の安定感は抜群である。

正直に言うと、今月の投資は失敗した。

10月半ばにずるずると下げていた米国市場を見ながら、「この辺で買っておいた方がいいのではないか」とフライングして投資してしまったのだ。

なんとそれが最初の暴落当日の市場開始早々(まだ全然暴落していない状態)である。

たしかVTIを146ドル台で買ったと思う。

朝起きてビックリ。まさか1000ドルも下げるとは…。VTIはその後136ドルほどまで下落するハメに。

(ちなみにVTIへの投資はidecoだけにしようという方針だったが、色々考えた結果VOOよりもいくつか利点があること、また単価的に買いやすいことから再開した)

 
悔しかったので少し無理をして、今月はもう5万円投資に回しておいた。

VYMを81ドル台で指値注文。まぁ運が良ければ買えるかもしれないという値段だったが、これも約定。

おかげで今月もカツカツである。まぁVYMへの追加投資は今のところ上々であったと言えよう。

 
個別株はMO、PGがほぼ復活、GEは仮死状態…といったところか。

GEについては、おそらくこの辺りが底ではないかと思う。

配当も実質無配になり、さらに大赤字を計上。

これで何も効果的な対策を打てないとすれば、倒産への道を歩むことだろう。

日本では大企業が危なくなると政府が支えたりするが、米国はどうなんだろうなぁ。

エジソンが創設した歴史ある企業だといっても、もしかしたらあっさり倒産してしまうかもしれない。

GEについては、仮想通貨の含み益が膨張していた頃に調子に乗って買ったという反省の念がある。

やはり何をおいても、事業の永続性は慎重に考えなければならんなぁ…。

NISAで買っているので心中覚悟だが、頑張って盛り返してくれないだろうか。

 
続いてideco。

こちらも多少落ちているが、まぁどうという事はない。

むしろこの1~2か月は安く買えるんじゃないかと楽しみですらある。

投信は1口1円前後で買えるので、暴落時に資金を余すことなく生かせるのがいい。

最後に仮想通貨。
 

(投資額:117万4千円)

ボラもほとんどなくなり、単調な相場が続いている。

まぁ今日はBCHが多少上がっていたようだが…これをきっかけに大きく盛り上がるという事はなさそうだ。

少し前に短期売買用にと用意した資金も、諦めて長期投資に回している。

余裕がある時にはちょっとずつ買い増していこうかというところだ。今月はNEMに1万円投資しておいた。

そうそう、今月はハーベストが結構多かった。

収穫の秋…は関係ないだろうが、10月に4回、そして11月初めに1回となかなかの回数だ。

ちなみに8,9月は単にハーベストが無いだけだと思っていたが、10月の初めに確認したところ、委任ハーベストが無効になっていた。

少し前にあったアップデートのせいなのか、俺が気まぐれにノードを替えていたせいなのかは不明だが…

まぁいずれにせよ、俺のNEM量によるハーベストの実力はこのくらいあるのかもしれない。

数量は少ないが、NEMが盛り上がってくるとハーベスト量も多少は増えそうだ。

それを楽しみに保有することにしよう。

 
さて、サラリーマンの大きな楽しみのひとつとも言えるボーナスが、いよいよ来月に迫ってきた。

個別株に投資しようか、VYM辺りを買い増そうか悩み中である。

しかしそんな俺の悩みとは裏腹に、最近社内に不穏な空気が漂っている。

以前より明らかに仕事が少ないのだ。

当然、この状況を考えれば会社の業績がイマイチなのは察しが付く。

ボーナスなど出るのかどうなのか…。また出たら出たで、会社が傾くようなことはないのだろうか。

零細企業ならではの心配である。

 
こういう心配をしなくて済むためには、やはり別の収入源を持つしかない。

それは分かっているのだが、副業への取り組みも上手くいかず、また情熱があまり持てずにいる自分がいる。

逆に言えば、現状への不満が薄れているのだ。

結婚生活は想像していた以上に順調だし、嫁さんも継続して株式投資してくれている。

おかげで資産も増えているし、仕事も以前よりは順調だ。ほどほどで何とかやれている。(暇だからかもしれないが)

このままではうっかり定年まで勤めあげてしまいそうだ。

 
以前「幸せ」について考えを巡らせたことがあった。

今の夫婦の状況は、間違いなく一定水準で幸せである。

しかし完全に自由なわけではないし、相変わらず二人とも勤め人の身分だ。

 
だが自由を得るためには更なる収入の増加が必須だ。

しかしそのために副業に…例えばブログに時間を費やせば、二人で過ごす時間は減るだろう。

その先にある幸せを掴むために今の幸せを捨てられるだろうか。

それとも他の方法を探す方がいいのだろうか。

 
何となくこんな事を考えていると、上昇相場での利食いに似た感覚になる。

さらなる自由を追い求めず、今の幸せを利確するのも一手なのかもしれない。

いつも応援の投票ありがとう!

明日も書く意欲が湧いてくるぜ!
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする