借金のある女性と将来をともに歩めるか

どうも、ひろせんです。

少し前に、こんな話を相談された。

「付き合っている女性から借金があることを告白されたのだが、この先どう付き合っていこうか悩んでいる。」

なるほど、なかなか悩み深い話だ。

相談相手は同年代で、大学時代から付き合いがある友人だ。

株式投資もやっており、俺よりも順調に資産を増やしている。

周りもボチボチ結婚する奴が増え、自分も積極的に動いた結果、出会った女性らしい。

なかなか気も合うようで、ゆくゆくは結婚も考えていたとか。

借金の中身について聞くと、支出に収入が追いつかず、しかもリボ払いを活用しているらしい。

なかなかハードな案件だ。

あまりに典型的な「地獄を見るタイプの借金」なので、友人も「俺はもしかして試されているのか?」と勘ぐる始末である。

ドラマなんかでこんなシーンがあれば、

「借金なんかどうってことない。大事なのは好きかどうかだ!一緒に背負ってあげればいいじゃないか」

なんて台詞が出てくるかもしれない。

しかしこれは現実の話だ。借金は本当に友人が背負うことになるし、なによりマネーリテラシーが低い相手と共に歩んでいくこととなる。

俺は自分の考えを正直に伝えることにした。

収入に見合った生活ができず、さらにリボ払いで回してしまうような相手は辞めるべきだ。

仮に借金を返済することができても、相手の金銭感覚を変えることは容易な事じゃない。

もしかしたらこれからも同じようなことを繰り返す可能性もある。

振り返ってみれば、少し冷たい言い方だったかもしれない。

しかし、自分の周りを見ていても借金グセがある奴はほぼ治らないと思って間違いない。

もちろん、最後の結論を出すのは友人なので、その場はそこで話が終わった。

友人のことを思えば、もし結婚したとしても、その後にその女性が変わり、あわよくば一緒に投資を始めてくれるのが一番良いだろう。

しかしそれはあまりに望み薄な願いであるように思う。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



スポンサーリンク