お金をかけて良かったもの、後悔したもの

どうも、ひろせんです。

お金をかけて良かったもの・後悔したもの」というアンケート記事を読んだ。

俺も自分の経験に照らし合わせて、少し考えてみたい。

スポンサーリンク

お金をかけて良かったもの、後悔したもの

アンケートを見ると、男女共通して良かったと感じているものは「食費」であり、後悔しているものは「飲み代」だと言えそうだ。

また、後悔しているものの総合ランキングを見ると、スーツや時計、洋服など身に付けるものが多い。

俺も食費を削ろうという努力はあまりしておらず、後悔したことはほとんどない。

まぁスーパーの半額商品ハントがもはや趣味の領域なので、努力と感じていないだけかもしれないが…食べたいもので安く手に入るものを食べるようにしている。

酒好きなので、飲み代にもあまり後悔したことはないが…気の進まない飲み会などは、なんとなく無駄だなと感じることもある。アンケートの内容も分からなくはない。

さて、俺が自分自身に対して、金をかけて良かったもの、後悔したものを挙げるとしたら何だろうか。

金をかけている額が一番大きいのは株式だろうが、まぁ資産が別の形になっているだけなのでコレは外そう。

では何か…過去を巡ってみる。

読者には意外かもしれないが、俺は結婚式と新婚旅行に金をかけて良かったなと思っている。

世間ではどちらかというと後悔している奴が多そうな出費だ。

まぁそれは、普通の結婚式とは違ったかもしれない。

俺の結婚式は、新婚旅行も兼ねて南の島で嫁さんと二人だけで行った。

一週間ほど休暇を取り、海外の有名リゾートホテルに泊まり、式もスタッフと神父、そして夫婦だけで執り行った。

初めて泊まる、笑っちゃうくらい敷地の広いホテルはサービスも素晴らしく、食事も美味しかった。

二人だけの式は周囲に余計な気を使う必要もなく、とても良い思い出になっている。

計画段階ではドレスの値段に目ん玉が飛び出るかと思ったが、この時ばかりは費用のことも忘れて嫁さんに見惚れてしまった。

周りが英語ばかりだったのも良かったかもしれない。異世界に嫁さんと二人だけで旅をするのは、普段では味わえない経験だ。

確か金額にして100万以上かかった。普段の俺の生活からすれば、気の遠くなるような出費だ。

しかしその全てを自分達のために使ったため、満足感も十二分に感じることができたわけである。

親族や友人に囲まれる結婚式も良いが、それに伴って消費する体力や資金のことを思えば、こうはいかなかっただろう。

さて、逆に後悔しているものはなんだろうか。

俺が後悔しているものは、買ったものの結局気に入らず、お蔵入りしている服だろう。

「たまにはいつもと違う雰囲気の服でも買ってみるか」と気まぐれに買った服は、ほとんど着なくなってしまった。

別にブランド品などに興味はないので金額はただが知れている。しかし、着ずに只々しまってあるというこの状態は、紛れもなく無駄なものだ。

時々、この無駄をなんとかしようと引っ張り出して着てみる。

しかしやはり着心地が悪かったり、自分に似合っていないように感じたりしてやめてしまう。

最近ではこの経験を生かし、ほとんど同じような服しか買わないようにしているため、こういうことは少なくなった。

しかし過去にほとんど着ずに捨てていった服のことを思うと、やはり後悔しかない。

アンケートでも身に付けるもので後悔した奴が多いところを見ると、同じような理由だろう。

使うかどうかわからないモノには金をかけない。きっと後悔しないためのポイントは、コレなんじゃないかな。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする