フライパンは安いものを使いまわせ

どうも、ひろせんです。

使っていたフライパンが焦げ付くようになってしまった為、新しいものを購入した。

今まで使っていたモノはちょっと良い奴だったため、あまり長く使えなかった点はショックである。

スポンサーリンク

フライパンは安いものを使いまわせ

実は今まで使っていたフライパン、嫁さんがまだ彼女だった頃に一緒に住むことになった際、記念に買った物だ。

俺は今までホームセンターの安いものしか使ったことが無かったが、折角ならちょっと良いものを使ってみるかと、3500円程のティファールのフライパンを購入した。

まぁティファールがちょっと良いものかどうかは置いておくが、少なくても1つ千円以下のモノを使っていた俺にとっては高級品だったわけである。

流石に値段が4倍ほどしただけあり、ホームセンターのモノに比べて厚手であり、安っぽさも感じなかった。

ステーキなんかを焼けば、火の通りが違うんだろうなぁ。それに耐久力もありそうだ。流石名高いティファールだけの事はある。長い付き合いになりそうだ…。

そんな風に感じたのを覚えている。

しかし、結果的に使用できたのは2年程であり、最後の3か月ほどは焦げ付くのを何とか我慢して使う事になった。

「フライパンの寿命」を調べてみると、だいたい1~3年ほどのようだ。2年も開きがあるのは、使い手による影響が大きいのかもしれない。

例えば熱したフライパンに冷たい液体を入れないとか、洗う時に擦りすぎないとか…長持ちさせる方法はいくつかあるようだ。テフロンなどのコーティングが剥がれにくくなるらしい。

しかし俺は思う。普通に家事をしてれば熱いフライパンをすぐに洗わなきゃいけない時もあるし、気を抜いてゴシゴシ擦ってしまう時もある。

そんな事にエネルギーを使う方が、無駄なんじゃないだろうか。

するとどんなフライパンを買っても、俺のような使い方なら、耐久面で大した差は無いに違いない。

それならティファールのフライパンを買う資金で、ホームセンターの安いフライパンを4つ買った方がいいんじゃないだろうか。

「肉厚だから肉への火の通りが違う」なんて言うのは、所詮誤差の範囲だ。薄くて軽い方が使う分には楽である。

それに火の通りの違いを楽しむほど高級な肉を焼く機会もほとんどない。ウチのキッチンにはオーバースペックと言っても過言ではないだろう。

そんな話を嫁さんにしてみると、「軽いし楽だね~。前のは重かったから使いやすいかも!」なんて返事が返ってきた。

うん、そんなもんだな。フライパンは安いのを使いまわすに限りそうだ。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする