年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜食費と消耗品代編〜

どうも、ひろせんです。

俺は生活する上で、一番大事なのは食だと考えている。

旨いものを食べることは人生を豊かにするし、何より自分の体の源にもなる。

本日はそんな食費と消耗品代について、うちの家計術をお話ししよう。

スポンサーリンク

年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜食費と消耗品代〜

先に断っておくが、食費や明日の記事で取り上げる光熱費などは、分類的には固定費に含まれるケースが多いようだ。

しかし俺の認識では、食費や光熱費はある程度意識的に増減させる事ができるため、固定費には入れていない。

さて、うちの食費と消耗品代の額は、大体次の通りだ。

・食費+消耗品代 55000円/月

食費には食材費の他、高額でない外食費、調味料代、酒代などが含まれる。

消耗品代にはティッシュやトイレットペーパーに代表される日用品などが含まれる。

ザックリした括りになっている訳は、分類する必要性を感じないからだ。食材と日用品は同じスーパーで買うことが多く、レシートも別れていないため、わざわざ分けて計算する手間は無駄でしかない。

支払いは公平に、その次のレシートを集計し、完全割り勘している。自分だけで消費したものはもちろん計上しない。たまに缶ビール代をこっそり忍ばせておくが、レシートをよく見ると嫁さんのおやつ代も入っていたりする。この辺はご愛嬌だ。

外食は月に2〜3回、主に土日に近くの山にハイキングに行った際など、昼食を外で取る時が主だ。また、二人とも甘いもの好きなので、二週に一度くらい、近所のケーキ屋巡りを楽しんでいる。

それ以外の食事は、ほぼ全て自炊。ランチは二人とも手弁当である。

半額食材ハンティングが趣味なので、肉などは安く手に入る。土地柄か魚はあまり安くないので、アラなどを利用することが多い。

市販の冷凍品はほぼ使用しない。弁当用のコロッケや唐揚げなどは、肉が安く手に入った時にまとめて揚げて冷凍している。

ホームベーカリーがあるので、パンやピザもほぼ全て手作りしている。ピザ屋で頼めば3000円はするものも、自作するとちょっと良い具をのせても600円程度である。

純粋な食材費はおそらく4万〜4万5千円程度だろう。昔はモヤシなどを多用して食費を下げるように努力していたが、旨いものを幅広く食べていた方が健康的だし、また幸福度も顕著に上がるため、食費をこれ以上下げようとは思っていない。

まぁでも昼食代として一人500円持って外に出れば、月のランチ代だけで22000円程になる。これを思えば極端に高くはないが、安くもない。そんな感じだろう。

ちなみにランチ代を1000円として考えると、それだけで月の食材費に匹敵する。そう思うと、1000円ランチとは非常に高価なシロモノだと実感する。

うちの良いところは、平日の昼以外のほぼ全ての食事を夫婦二人揃って取ることだ。一人で食べるより美味しく感じるし、作り甲斐もある。また、同じものを食べるので不公平感もない。

夫婦仲が良いと出費が少なくなるのは、こういう面が大きいだろう。

明日は「光熱費と節約」というテーマで、うちの家計術をお話ししたい。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. love u より:

    Hello everyone, it’s my first go to see at this site, and article is really
    fruitful in support of me, keep up posting these types
    of articles or reviews. http://rgcr.info