年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜光熱費と節約編〜

どうも、ひろせんです。

本日は水道、光熱費に関する話だ。

変動が大きいので、自分の家のことでもキッチリ把握していない奴は結構多いんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜光熱費と節約編〜

さて、わざわざ節約というと言葉をつけたのには、訳がある。

俺は光熱費の節約について、1つの考えを持っているからだ。

節約というと、まず水道代や光熱費に目を付ける奴が多い。

電気をこまめに消したり、洗い物の時に水をケチったり。

しかし俺は、水道代や光熱費の節約については、ほとんどやる価値がないと考えている。

それは自分の快適さと引き換えであることが多いからだ。

洗い物は水を多く使った方が手早く綺麗に落ちるし、空調なども電気代を気にして我慢するよりはガンガン使った方がいい。ストレスもたまらないし、暑さ寒さを我慢して体調を崩したりしては逆効果だ。

ただし、使っていない部屋の電気はつけておく必要はないし、空調も効かせすぎるのは良くないだろう。その辺を履き違えてはいけない。

さて、光熱費については季節によって幅があるが、うちは次のような感じになっている。

・水道 3500円/月

・ガス 2000円〜10000円/月

・電気 2000円〜10000円/月

電気、ガス共に一番高くなるのは冬だ。1月が一番高く、23000円くらいかかる。逆に春や秋は安い。ひと月8000円くらいに収まることが多い。

うちは夏と冬は、基本的にリビングの空調を付けっぱなしにしている。急に冷やしたり温めたりする時に一番電気を使うという説を信じているからである。

ただし、温度設定は緩い。夏は26度、冬は19度くらいがほとんどだ。これくらいだと暑くもなく、寒くもなくといった具合である。

秋の終わりから春にかけては、風呂をためている。お湯は毎日替えているし、入浴剤を使ってリラックス効果を高めている。夏の間はシャワーで済ます。

年間を通すと、だいたい平均して合計14000円/月くらいになる。サクッと調べた二人暮らしの平均的な光熱費は19000円/月くらいらしいので、これでも安い方らしい。

ひとつだけ工夫と言えるものがあるとすれば、家にいる時に夫婦二人が同じ部屋にいることが多いという点だ。

ウチは個人に部屋を割り振っていない。二人とも、家にいる時間の大半をリビングで過ごしているし、寝室も一緒で、寝るタイミングも同じである。

すると必然的に稼働する空調はひとつだけだし、テレビや明かりもひとつだけで済む。ほとんど一人暮らしと変わらない状態だ。

多分光熱費が高いやつは、家族がそれぞれの部屋で過ごす時間が多いんじゃないかな。人が散れば、それだけ光熱費は上がっていく。

まぁ家族構成にもよるので、ウチも子供ができることがあれば、また変わりそうだ。だが一緒の部屋で過ごす時間が多い家族は、なんとなく仲も良くなるイメージがある。できれば人数が増えても、この方針は維持したい。

さて、この3日間、うちの主な出費について書いてきた。もうお気づきだろうが、ウチは節約ブログで紹介されるような、細かい節約はほとんどしていない。使うものは使うし、食べるものは食べている。

にもかかわらず年間300万円も貯められるのはどうしてだろうか?

明日はそんな貯蓄の面から話をしよう。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする