年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜投資と貯蓄編〜

どうも、ひろせんです。

本日は、資産作りで一番重要なテーマだ。

いくらお金を稼いでも、投資や貯蓄に振り分けなければ資産は築けない。

スポンサーリンク

年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜投資と貯蓄編〜

さて、まずは具体的な数字を出していこう。

ウチの夫婦の投資額、貯蓄額は次の通りだ。

株式 76,000円/月 300,000円/ボーナス時

仮想通貨 10,000円/月

株式 84,000円+残業代の半分/月 200,000円/ボーナス時

債券 50,000円/月 200,000円/ボーナス時

共同貯金 一人25,000円/月

合計 約4,600,000円/年

さて、少し解説を入れたい。

嫁さんの「債券」項目は、実際は職場の斡旋商品であり、年利1%程度の元本保証のものである。俺は株式100%でも良いと思うが、本人の希望で購入している。

鬼のような貯蓄性向があるうちの嫁さんだが、流石に貯蓄額が高すぎるように思うだろう。

実はこの数字には少々マジックがある。

投資を始めた当初、嫁さんは銀行預金しか持っていなかった。

ご存知の通り、銀行預金はほぼ増えることがなく、またインフレを考慮すると減り続ける性質のものである。

しかし投資初心者の嫁さんにいきなり全力投資というのは無理がある。

というわけで、月々3万円くらいずつ、預金から投資に振り分けられるように投資額を決めてもらったのだ。

共同預金は以前、月に一人5万円ずつ行なっていたが、財務がタイトになり過ぎてしまったので減額した。今年は多少余裕ができる予定なので、額を少しずつ戻すか投資額を引き上げるかのどちらかで対応したいと思っている。

また、この資金は二人の旅行や少々贅沢な外食などにも利用されるため、純粋に積み立てているものではない。微増していってくれれば良いなというところだ。

以上を考慮すると、大体年間350万円ほどが夫婦の純増の積み立て資金と言える。

株式投資は、お互いの給料日が来た日の夜に行なっている。投資額を積み上げるのに一番適している「まず最初に投資資金を確保する」ことを実践している。

ぶっちゃけた話、資産を積み上げるために必要な事はこれだけだ。最初にパイを切り分けてしまえば、後の生活は残ったパイでどうにでもなる。

さて、管理面の話になるが、預金はそれぞれの口座を持っているし、証券口座もそれぞれに持っている。基本的には個々で管理しているが、月に一度お互いの資産額をエクセル管理している。

ちなみに2019年1月時点で、夫婦総資産は8桁に到達している。嫁さんの貯蓄力によるところが非常に大きい。

年間300〜350万円の貯蓄というのは、うちくらいの収入の家庭の中ではまずまずの位置だろう。家族が増えることがあればまた構図が変わるだろうが、基本的には貯蓄第一の方針は維持したいと思っている。

明日は小遣いについての話をしよう。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする