年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜小遣い編〜

どうも、ひろせんです。

家計術シリーズ最後となる今日は、小遣いの話題だ。

サラリーマンの小遣いの平均はいくら〜なんて話をよく見るが、うちの場合はこんな風になっている。

スポンサーリンク

年間300万円貯める共働き夫婦の家計術〜小遣い編〜

最初に小遣いに対するする俺の考えを紹介したい。

俺は「小遣い」とは、収入から固定支出、投資資金、生活費を全て引いた後に「最後に余った分」であるべきだと思う。

優先順位的には一番低いものだ。それは使い道を考えてみてもよく分かる。

小遣いで買うものといえば何だろうか。

例えば仕事の息抜きに飲む缶コーヒー、小腹が空いた時に買うホットスナック、気まぐれに買う雑誌、テレビに影響されて買う便利グッズなど…挙げればキリがないが、基本的にはどれも「なくても困らないモノ」には違いない。

不思議なもので、人間、金が余っているとこういうモノをついつい買ってしまうようになる。

こんなことを書くと、「俺は金が余っていても余計なものは買わないぞ」って奴もいるかもしれない。

中には本当にそんな奴がいるのかもしれないが、俺も含めてほとんどの奴は、金が余っていてもロクなことに使わないだろう。

そんな考えを持っているので、俺は世の中のお父さん方のように「月○万円」なんて風に決まった額は確保していない。

余った分でいいのだ。

さて、ここでようやく数字を出す。

収入から固定支出、投資資金、生活費を引いた額は、俺の場合だいたい一万円以下であることが多い。

期待値的には六千円ほどである。

また、銀行口座はほぼカラなので、オーバーして使うこともできない。

この状態だと、世の中の有料サービスはほとんど受けられない。というよりは、受ける気にならない。

飲み会も、二回行くとほぼ赤字になる。必然的に、参加する回数も限定される。

ちなみに世のお父さん方の小遣いの平均はだいたい4万円前後らしい。これと比べても格段に低い。

しかし、この状態でも俺は幸せに生きている。多分、その辺の小遣いの少ないサラリーマンを掻き集めても、ダントツで幸せな自信がある。それはなぜか?

それは、自分で小遣い額を少なくする選択をしているからである。

例えば投資をやめれば、俺の小遣い額は約9万円程に跳ね上がる。

半分を貯金しても、世の平均より高い。

別の見方をすれば、小遣いで株を買っているとも言える。一番欲しい物に、自分の資金をふんだんに使っているわけだ。この状態に不満が湧くわけがない。

ちなみに嫁さんの場合はもう少し過酷だ。

銀行預金を投資資金に流す段階にあるため、働いても働いても預金残高は恒常的に減少していく。

まぁ資産残高で見れば増えに増えているのだが、普段、銀行預金しか見ない嫁さんからすれば、あまりお金を使いたくなるような状況ではないだろう。

この状態でも日々楽しそうに過ごしている嫁さんは結構凄い。正直、なかなかのメンタルだと思う。

まぁでも、使える資金が少なくても、世の中その気になれば無料のサービスや低額のサービスというのは結構ある。

本が読みたければ図書館に行けばいいし、運動がしたければその辺を走ればいい。

移動も公共のモノならあまり高くないし、旨いものは材料を安く買ってきて作ればいい。

何事も工夫次第でなんとかなるのだ。それを楽しむ相手とマインドさえあれば、日々笑って暮らせるのである。

さて、一週間の間うちの家計について書いてきた。読者の方には、少しは楽しんでもらえただろうか。

月曜日からはまた新しいテーマで、一週間話題を掘り下げていく予定だ。

テーマはまだ未定だが、また気軽にのぞいてみてくれたら嬉しい。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする