メキシコ壁特需はあるのか

どうも、ひろせんです。

トランプ大統領が非常事態宣言を行い、メキシコの国境壁を建設する可能性があるという。

もし本当にそうなれば、メキシコ壁特需があるのではないだろうか。

スポンサーリンク

メキシコ壁特需はあるのか

アメリカとメキシコの国境線は3145キロほどあるという。10年ほど前のデータだと、このうち930キロほどはすでに壁が建設されているらしい。

現在の正確な数値はわからないが、2000キロ以上、コンクリの壁を作る予定なのだろうか。途方もない大きさだ。

巨大な壁といえば中国の万里の長城だが、こちらは全盛期の全長が約8000キロほどあったそうだ。それから考えると、あながち不可能な話ではなさそうにも思う。

すると、壁を作るために色々な人やモノが動くことになる。

壁の材料はもちろん、重機や食料、燃料、それを運ぶ物流や人夫の雇用など、その影響は広範囲に渡るだろう。仕事も増え、経済は活発になりそうな気がする。それもかなりの期間を要するだろうから、長期的に活性化しそうだ。

そうなれば特需により、関係企業の業績が上がり、株価も上がる。普通ならこんなふうに動くような気もする。

しかし、問題はその費用を何処が出すかだろうなぁ。

アメリカの国家予算は4.4兆ドルもあり、以前トランプが建設費としてメキシコに要求したのは50億ドルであった。トランプの強引さなら50億くらい本当に出せてしまうかもしれないが、やはり何処かにしわ寄せがくるだろう。

なんだかトランプが目の敵にしている、ハイテクにそのツケが回ってきそうな気がする。トランプなら、グーグルやフェイスブックなどを叩いてなんとか金を巻き上げようとするかもしれない。

うーん、今でも俺のGOOGLは各地で制裁金を課されていたりして結構不遇なのだが…あまりイジメないで欲しいものだ。

どうせなら壁にアート性を持たせて観光地化し、その観光収入で長期的に賄って欲しい。そうすれば雇用も新たに創出できるし、メキシコ側も潤って移民が減るかもしれない。そのくらい建設的な意見は出ないのだろうか。壁の建設だけに。

まぁ不法移民を阻むための壁をわざわざ見に行くかと言われれば、そんな気は起きないだろうけども。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする