日常をプラスに変える思考術④なんでも行動したら成功

どうも、ひろせんです。

現代人は「正解を求めてる」なんてたまにいうけど、正解を求めて生きていると結構大変だと思う。

そんな時は、結果よりも過程に視点を置いてみよう。

スポンサーリンク

なんでも行動したら成功

今の学校教育のせいなのか、みんな自分の行動が正解なのかどうかを気にするよな。

この間も、遊園地のアトラクション選びで間違わないために、乗る前に動画で乗り心地をチェックする奴がテレビに出ていた。

俺はアレで何が楽しいのかなって不思議だけど、アトラクションで新しい体験をするよりもハズレじゃないと安心して乗る事の方が大切なのかもしれない。

昔と違って、あらゆる情報がネットに上がっている。ほとんど全ての行動に先駆者がいて、その情報を得られるわけだから合理的だとも思う。

でも、それを繰り返すうちに「失敗や過ちを極端に嫌う」状態になるんじゃないかな。レジャーやグルメなんかは下調べするけど、日常生活のあらゆる行動を下調べするわけにはいかないし。

だから何かに失敗するとすごく落ち込む。それか過ちを受け入れられず、他人のせいにしたりする。

ここは逆に失敗を「行動の結果得られた成果」と考えるようにするのがいい。そうすれば、行動によって失敗だったという結果を得ることに成功したことになる。

なんだかプラスの気分になるだろう?

普通に生活していたら失敗や過ちは絶対に避けられない。だからこそ、行動すること自体に焦点を置いて、それができたらとりあえず成功ということにしようじゃないか。

そうすれば、日常は成功だらけになる。そんな生き方は素敵じゃないかな。

余談だけど、最近ブログ記事の表現が固すぎてなんだか自分が寒いような気がしてきた。だから今日はちょっと変えてみたんだけど、行動したからにはこれもある意味一つの成功ということになるわけだ。

朝からプラスを一つ獲得。今日もいい日になりそうだね。

明日は「ありがとう」を使うことによる効果の話をしよう。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする