平成最後の資産状況と投資先

どうも、ひろせんです。

ブログを再開すると言いながら、気がつけば1ヶ月が経ってしまった。

世間は長期休みと元号の移り変わりで騒がしい。ウチも土曜から泊まりで出かけてきたが、やはりどこも混み込みだ。

こんな時には、平日休日が関係なく過ごせるリタイア状態の羨ましさを改めて実感する。早くそんな状態になりたいものだが、さて資産の方はどうなっているのだろうか?

早速見ていこう。

スポンサーリンク

平成最後の資産状況と投資先

それでは株式とiDeCoから。

昨日の決算でGOOGLがかなり売られたようだ。

クラウド関連ではAmazonやMicrosoftにやられている感があるし、制裁金の件もある。

まぁでもGoogleマップに動きがあるし、自動運転の分野では相変わらず勢いがある。ホールドで問題ないだろう。

最近は結構な上げ相場であり、いつも買っているETFも割高感が否めない。

たまたまタイミングよくヘルスケアのVHTがグッと下がったので、今回はこちらに浮気した。161.6ドルで3株の購入である。

ヘルスケアセクターはいつも高いイメージがあるので、ある意味チャンスをうまく掴めたのかもしれない。買った後は順調に上がってくれている。

クレオパトラや楊貴妃の時代から人々は美容や健康に興味が尽きないことを考えれば、ヘルスケアセクターはこれからも伸びて行ってくれるだろう。

iDeCoの方は、いつも通り順調という他ない。

iDeCoについては、支給年齢が上がる可能性があるだとか、制度が変わる可能性があり、デメリットも多いという意見を耳にすることがある。

まぁそれはその通りだが、先のことばかり考えて税制の優遇措置を得られないのは、それはそれで損じゃないかと思う。

高齢化や労働人口の減少を踏まえると、政府が「自分の老後は自分で守れ」という方針であることは間違いなさそうだ。大きな流れには乗っておく方が、俺は良いような気がする。

続いて仮想通貨。

投資額:127万4千円

順調に盛り上がっていくかと思った仮想通貨界だが、いまいち盛り上がりに欠ける結果となった。

BTCは結構検討しているのだが、保有しているNEMはダラダラと下がるばかりだ。

最近は仮想通貨の話題もめっきり聞かなくなったので、投資するには良い環境かもしれない。

そういえば、フィリップモリスがブロックチェーンに手を出すそうだ。

なんでも現在のタバコ業界は、収入印紙の管理がうまくいっていないらしい。

ブロックチェーンの技術自体はこれから先、色々なところで使われるようになる可能性は高そうだ。

しかしそれが価値につながるのかどうか…という点では、やはりちょっとわからない。一応は信じて投資しているのだが、どうなることやら。

株式の方がよほどわかりやすい。

さて、今日から始まる令和はどんな時代になるのだろうか。

昨日まで「平成最後の〜」という言葉ばかり聞いたが、今日からは「令和最初の〜」というのが流行るのだろうか。いや、想像してみたが、どうもゴロが悪くて流行る気がしない。

日本株は令和特需があるという雰囲気もあるが、米国株は特に影響はないだろう。

ま、令和時代もやることは変わらない。日々を楽しく過ごし、その一方でコツコツと株を買い続けるのみである。

いつも応援ありがとう!面白かったらクリックしてくれ!
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(30代)へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする