amazonプライムにしてやられた

どうも、ひろせんです。
 

「気が付いたらプライム会員になっていた」

そんな奴は多かろう。きちんと画面を見ていないから悪いのだ。
 

・クリックする前に文章をよく読む。
・無料だからといって飛びつかない。

この鉄則を守れば、知らずにプライム会員になる事などない。俺のように注意深い奴はそんな罠にかからないのだ。

そう思っていた。
 

そんな俺も、知らない間にプライム会員になっていた。

スポンサーリンク

あの時の一瞬の過ちが今後の人生を変えるかもしれない

あれだ…多分あの時だ。

この間投資関係の本を一冊買った。

その時、いつもは出ないポップアップが出たのだ。
 

しかし、その時俺はちょっと酔っていた。

そう、この間の失態の日である。

特に気にすることも無く注文をクリック。

しかしその瞬間、気になったことがあった。

カッコの中に「プライム会員に登録する」と書いてあったような気がしたのだ。
 

しかし、有料登録をするならば確認の画面が出るだろう。

そうでなくても、個人情報登録の画面が出るだろう。

そう思ってあまり深く気にしなかったのだ。

 
次の日、何気なしにamazonを開くと、そこにはこう書かれていた。

―amazon.co.jpプライム―

意外と便利だったプライム会員

実はamazonプライム会員というものを良く知らなかった。
 

あぁ、あれでしょ?お急ぎ便がタダなんでしょ?

でもねぇ、アタシはそんなに生き急いでないの。ダメよ?もっと余裕を持って生きなきゃ。

 
その程度の感覚だった。

最初はキャンセル方法を探そうと思ったのだが、一応使い道を調べるうちに「とりあえず1年使ってみるか」という感覚になった。

半分はキャンセルがめんどくさくなったというのもあるが、音楽や動画が使い放題という点にも惹かれたのである。

この時点で既にamazonにしてやられているのは分かっている。だが、モノは経験だという気持ちもある。

 
使ってみた感じだが、案外いいかもしれない。

プライムビデオにあったので、以前友達が勧めていたなと「落語心中」というアニメを見てみた。

これがなかなか面白い。それに、違法サイトを探して荒い画質で広告を消しながら見るよりもよっぽど良いかもしれない。月300円ちょっとなら悪くない。

音楽も聞き放題だというのはなかなかいい。通勤でYoutubeを使っていたのだが、結構な割合で止まったりしていた。それがノンストレスで楽しめている。

 
やられた。完全にamazonにしてやられた。

年間で4000円弱の出費だが、「値段の割に良い」という感想を持った瞬間に負けたのである。

しかし、ストレスから解放されたり新たな楽しみを得られるのであれば、これは豊かさにつながる出費なのかもしれない。

 
使い勝手によっては契約更新してしまうかもしれない。

株主優待の制度は日本にしかないが、amazonも株主はプライム会員無料にしてくれればちょっとは投資したのに。
 

俺と同じ罠にハマりたい奴は一度試してみてくれ。
ただし下記はアフィリエイトリンクなので、ここを通して登録すると俺に紹介料が入る仕組みになっていることは承知してくれると嬉しい。
Amazonプライム会員に登録してみる

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする