資格手当を投資家視点で見る

こんにちは、ひろせんです。

サラリーマン投資家にとって、投資の原資である給与所得を増やすことは非常に大事なことです。

しかしながら、この給与所得を増やすという行為は並大抵の事ではありません。

歩合制の会社ならまだしも、売り上げなどとは関係の無い仕事についていると、毎月の収入はほぼ固定化されます。

残業という手もありますが、自由に残業ができ、しかも全額残業手当が付くといった超ホワイトな企業にお勤めの方も稀でしょう。

そんな中、多くの企業で比較的手軽に給与所得を増やす方法が存在します。

それが資格手当です。

スポンサーリンク

ただが数千円、しかしそれが○○だとしたら…

資格手当が全くない会社もあるでしょう。そんな会社にお勤めの方には、残念ながら参考までに読んでほしい話になります。

資格手当には私が知る限り、2種類の形が存在します。

ひとつは一度きり祝い金型。ある資格に合格した場合、祝い金としていくら、という形です。

もうひとつは毎月給付型。仕事をする上で必須である資格がある場合に多く該当しますが、数千円から多いものだと数万円になる手当も存在します。

狙うべきは、この毎月給付型の資格手当です。これが存在する企業にお勤めの方は幸運といっても過言ではありません。

私の会社にも額は大きくありませんが、毎月給付型の資格手当が存在します。

仕事と関係がある資格が5種類ほどあり、一資格で毎月3000円~5000円くらいの手当が付きます。

「ただが数千円でしょ?そんなもののためにこの年で勉強するのなんて嫌だよ!」という方も多いかもしれません。

たしかに資格の勉強は正直面白くありません。

興味のある分野ならまだマシですが、固い文句の法律を覚えたり、わけのわからない用語ばかりの分野を丸暗記したり…

正直、「労力に見合わないから挑戦しない」という方も多いことでしょう。

しかし、この数千円を投資家視点で見るとどうでしょう?

例えば取得すると毎月3千円が付く資格があるとします。

ただが3千円ですが、年間にすると3万6千円です。これだけでも私は正直馬鹿にできない額だとは思いますが、もうひとひねり考えます。

この資格手当を、「株式の配当金」だと考えるのです。

その「数千円」の資格手当、実際の価値はいくらなの?

この株式は残念ながら増配はないものの、減配の心配も無くしかも倒産して消滅する心配も希薄です。(会社の業績により資格手当が消滅する可能性はゼロではありませんが。。)

日本に住んでいる以上、配当金には約20%の税金がかかります。

したがって、税引き後が3万6千円の収入になるという事は、額面で4万5千円の配当金だという事です。

投資家にとって魅力的な水準の配当といえば、おおよそ3%程度でしょう。

すると、4万5千円の配当が出る株式の実際の価値はどのくらいになると思いますか?

なんと150万円です。

資格を取得するだけで、150万円の資産が転がり込む。

そう考えたら、放っておく手はないと思いませんか?

この記事を読んで、資格手当の取得に意欲が出た方が居たら幸いです。

それではまた!

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする