2017年3月の資産状況

どうも、ひろせんです。

ブログを始めて3本ほど投稿してみたものの、正直どうもしっくりこない。

理由を考えてみたが、どうも口調というか、いわゆる「ですます」で終わる文体が気に食わないのかもしれない。

「ですます」口調だと、なんだか人にものを教えているような態度になってしまって偉そうだ。

考えてみれば、俺は人に自慢できるほどの金を持っているわけでもないし、人が知らない知識を数多く持っているわけでもない。

丁寧な口調はやめてみる。その方が自分も気持ちよくかけるし、たぶん読んでいる方も面白いと思うのだ。

まぁ書き始めて数日の、しかも米国株なんていうニッチな分野のブログにくる人なんて相当のモノ好きだろうが。
 

そうそう、そういえばこのブログは米国株投資と銘打っていた。

思い出せばまだ米国株に関する記事なんてほとんど書いていない。

むしろ本当に投資しているのかさえ怪しいレベルだ。

とりあえずそんな読者の疑問をかき消すため、投資状況を載せてみる。

スポンサーリンク

2017年3月末の資産状況


特定口座
IBM 52株 9,055.28ドル
MO 25株 1,785.50ドル

NISA口座
VOO 4株 865.40ドル
VYM 14株 1,087.10ドル

合計:12,793.28ドル=1,425,041 円

簡単に表を作るスキルすらないため、箇条書きのようになってしまって申し訳ない。

正直公開するかどうか迷った。大半の評価損益がマイナスだからである。やはり見てもらうならプラスが一杯並んでいる方がいい。

これでも見栄っ張りなのだ。数千万、数億と投資しているブロガーがいる中、100万そこそこで投資している俺にもやはり見栄はある。

一応ポートフォリオの説明をしておく。

IBMについては、これからの人工知能の発展を信じているゆえの投資だ。

Googleでもなんでもいいのだが、IBMは比較的割安で年々売上高が下がっているため期待値が低そうだから買っている。

テレビでも人工知能に関する特集がやっていると何となく見てしまう。IBMのワトソンとは違うが、「ディープラーニング」なんていうのは人間の成長過程と同じステップを踏んでいるように見えて、ワクワクしている。

世間では「10年後に人工知能に取って代わられる仕事ベストテン!」みたいな話題も見かけるが、俺はむしろ人工知能が仕事をどんどん取ってくれればいいと思っている。

正直、人工知能よりも有能な人間なんてそうはいないと思う。「芸術を生み出すのは人間にしかできない」なんて意見もあるが、最近ではAIが芸術作品を生み出したりしている。

もういっそすべての仕事をAIに任せて、人間は河川敷でバーベキューをしながらビールでも飲んでいればいいのだ。

次にMOについてだが

アルトリアは一言で言えばタバコ銘柄だ。

マルボロをはじめとする日本でもおなじみのタバコを扱っているが、アルトリアはアメリカ合衆国内の仕事を担当している。

ちなみにアメリカ以外はフィリップモリスが担当している。

こちらは米国の配当税がかからないのでお得なのだが、アルトリアの方が伸びしろがあるような気がして買っている。

断言するが、タバコを吸う人間は絶対に居なくならない。

時と共に減少していくかもしれないが、少なくても俺が投資している間は絶対になくならないと思う。

俺はタバコは吸わないが、同僚を見ていると本当にそう思う。

飯を食えばシュボッ。コーヒーを飲めばシュボッ。

タバコは彼らの生活の中に入り込んでいる。

生活の一部となっているものを取り除くのは容易なことではない。

さらに言えば、ある銘柄を気に入っている喫煙家はその銘柄を吸い続ける傾向があるように思う。

彼らは自分が吸っているタバコの銘柄を愛し、同じくその銘柄を好むものを同族のように迎え入れる。

つまり、自らをそのブランド色に染めているわけだ。

そいつが生きている限り、同社のタバコには火がつけられ、煙へと消えていく。

こんなオイシイ産業に投資しない手はないだろう。

NISA枠のETFについてだが、インデックスであれば正直特にこだわりはない。バンガードかブラックロック辺りを適当に買っていこうと思っている。

VOOとVYMでは配当額でVYMに一日の長があるが、配当を含む投資額の成長率ではどちらに分があるかわからない。

いずれその辺は比較してみようと思っているのだが、正直どっちもどっちだと思う。

重要なのは継続投資である。

それではこの辺で。ここまで読んでくれてありがとう。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする