知らない間に大御所に紹介してもらっていた

どうも、ひろせんです。

以前、ちょこっと引用させてもらったランダムぽてとさんのブログで、俺のブログを紹介してもらっていた。

PVがいきなり増えたので正直びびった。一瞬、昨日の記事が大当たりしたのかと思ったが勘違いであったようだ。
 

スポンサーリンク

ブログはユニークさが人気の要素のひとつである

ランダムぽてとさんは米国株ブログではユニークな、4コマ漫画を売りにしている投資家だ。そして隠れたもう一つの売りに、投資についての漫画を交えた解説がある。

更新は不定期だが、会計系の記事などは本当にわかりやすい。先日のバランスシートの見方に関する記事に関心を寄せた読者は多かろう。かく言う俺もその一人である。

 
しかし悲しいかな、俺にはその知識を生かす資金が無い。この点においては、誠に残念である。

 
米国株ブログには、数年にわたって更新を続けているブログが少ない。

そもそも数が少ないし、もしかしたら途中で退場してしまった奴もいるかもしれない。また、ニッチ分野なので反応が乏しく、やる気をなくしてしまったブロガーもいるのだろう。

 
ランダムぽてとさんはその中でもブログ歴が3年超という、大御所である。

毎月末に運用成績を明かしているが、キレイに右肩上がりである。最近までは日本株にも投資していたようなので、運用結果のグラフは本当に凄いと思う。正直羨ましい。

残念ながら投資額は発表されていないので、ランダムぽてとさんがどのくらいの資金を動かしているかは気になるところだ。

  
記事の中で、米国株ブログが増えてきたという事を言っていた。俺は最近参入したのであまり実感が無いが、同じくランキング上位を賑わせている某ブログでもそんな事を言っていた気がする。

貯金にしか向いていなかった国民の目が投資に向いてきた証拠なのかもしれない。

 
ただし、ちょっと気になるのは「株価が暴落する時は常に大衆が参入してきた時」という歴史がある点である。

前回のリーマンショックでの暴落から目立った暴落が無いので、投資家の間でそろそろ「ひょっとしたらそろそろ暴落するんじゃないか」という意識が増大しているかもしれない。

ここで何かショッキングな出来事でもあろうものなら、暴落間違いなしである。

フランス大統領選も、マクロン氏が順当に当選した。イギリスに続くフランスのEU離脱は避けられそうだ。

今日は韓国の大統領選をやっているが…まぁ韓国はどいつになっても一緒かもしれない。

となれば、あとは北朝鮮とアメリカが戦争をおっぱじめないかだが…対話もするようだし、それはなさそうだ。
 
 
まぁいずれにせよ、投資家は暴落を恐れるのではなく、むしろ株を大量に買い込めるチャンスであるともっと認識するべきだと思う。

暴落は恐れるものではなく、むしろ望むものなのだ。特に現時点での投資額が少ない投資家にとっては。

 
そして正直に言うが、ランダムぽてとさんは俺を過大評価しすぎであると思う。

記事が面白いかどうかは俺には判断しかねるが、少なくても投資家が一番積み重ねなければならない「資産」については、これまであまり積み重ねてくることができなかった。気が付くのが遅かったのだ。

ランキングでも、上位は結果を出している投資家ばかりである。そういう目で見ると、実績が伴っていない俺が投資について色々と書くのはちょっと寒いなと思う事もある。
 

それでも毎日付き合ってくれている読者がいることには、本当に感謝の気持ちしかない。

明日もまた読んでくれると嬉しい。一応、これでも精一杯書いているつもりではあるのだ。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする