スキマの時間を有効に活用するには

どうも、ひろせんです。

Googleについて長々と語ったと思ったら、洗い物かごの代わりにタオルを使おうなんてしょぼい話題にもついてきてくれる読者に感謝である。

ミクロからマクロまで幅広いテーマで日々更新!

今日は毎日のちょっとした時間の使い方の話である。

スポンサーリンク

スキマ時間を有効に活用するには

朝、いつもと同じように食事をし、出勤の準備をする。

出かけるまであと10分、しかしもうやる事は全部終わってしまったが…さて何をしよう?やる事を探して部屋をなんとなくウロウロ。なんてことはないだろうか?

あるいは見たい番組まであと10分、なんとなく前の番組を眺めているが興味がわかない。そのままボーっと過ごしてしまう。

こんな感じでスキマの時間をなんとなく過ごしてしまったことに、心当たりがあるやつもいるんじゃないか?
 

実は俺も以前はこんな感じで過ごしてしまう時間があった。

しかし、ある時こんな無駄になっている時間をなんとか活用する方法はないだろうかと考えたのだ。

そしてある方法を試してみたところ、これが意外とうまく使えるようになってきたのだ。

 
その方法とは、「あらかじめスキマ時間にやる事を決めておく」という事である。

 
やり方はカンタンだ。というか具体的にやる事などほとんどないのだが。

俺は考えた。スキマ時間を有効に使えないのは、「何をしたらいいのかを考えるところから始めている」からだと。

つまり、5分でも10分でも空き時間ができたらこれをやる!という事を決めておけば、有効に使えるんじゃないかと。

 
スキマ時間が出来やすい場面というのは結構決まっている。

さっき挙げたように「家を出る前」だったり、「TV番組が始まるのを待っている時」だったり、人それぞれそういう場面があるだろう。

例えば「スキマ時間ができたら本を読む」と決める。そしてその場面に自分がいるところに、読みたい本を置いておく。例えばリビングならソファーの横に置いておく。

そしてスキマ時間ができたら、すかさず本を取って読みはじめるのだ。これが結構はかどる。

 
やる事は別に何でもいい。堅苦しい事じゃなくたっていいのだ。

握力を鍛えたければハンドグリップを置いておいてもいいし、ストレッチをやると決めるならば道具なんて何もいらない。その場ですかさず体を伸ばし始めればいい。

ただ、ストレッチであれば具体的なメニューも決めておく方が良いだろう。どこを伸ばそうかな…なんて考えているうちに時間は過ぎてしまうものだ。

「時間ができたら手首を回す!」とか、「時間ができたら首を伸ばす!その後は肩を伸ばす!」など、具体的に決めておけばそれだけ早く始められる。

 
俺の場合は本を読むことに決めている。一回に読める量は2~3ページくらいの時もあるが、積み重ねると結構読める。

俺はそうでもないのだが、「途切れ途切れになると内容が頭に入らない」という奴もいるかもしれない。

そこでちょっと気が付いたのだが、こういう風に使うのならば見開き2ページで1テーマが書いてある本などが向いているだろう。あるいは4コマ漫画など、気軽にさっと読めるものも向いていると思う。

 
スキマ時間をボーっと過ごしてしまっているな…と思う方は、一度試してみてはどうだろうか?

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする