ブログランキング導入の際に上手にPVを集めるためのポイント

どうも、ひろせんです。

俺もそうだが、ブログを運営している奴の中には多くの人に見てもらうためにブログランキングを導入している奴がいるだろう。

このブログでもブログ村のランキングを導入しているが、今回はそのブログランキングを上手に活用する方法を紹介したい。

スポンサーリンク

ブログランキング導入の際に上手にPVを集めるためのポイント

ブログ立ち上げ初期はなかなかブログを見てくれる人が集まらない。人が見てくれている実感が無いと、更新するモチベーションも保てなくなってくる。

記事が少ないと検索からの流入も見込めず、またGoogleも立ち上げたばかりのブログは自動的には認識してくれない。この辺がブログの更新を続けられるかどうかの初期のハードルになってくる。

 
ブログランキングの導入は、そんな悩みを少しだけ解決してくれる。

ランキングからの流入によるPV数の増加や、投票による読者の反応が更新のモチベーションに繋がるからである。

 
ランキング上位に行けば行くほど、PV数は増加する。そりゃそうだ。見に来る方も、人気があるブログには面白い記事が沢山ある事くらいわかっている。
 
だが、当然のことながら導入初期からランキング上位に食い込むことは難しい。記事の質が高ければ放っておいても段々と上位に上がってくるが、知名度が低いうちはそもそも見に来てもらえない。

そこで、ブログランキング初期導入時に上手にPVを集める方法を考えた。

一言でいえば、「流入の入り口を増やすことと、反応を集中させること」である。

入り口は分散し、出口は集約させる

俺が参加しているブログ村ランキングを例にして説明していく。

ランキング上位に食い込むまでの段階で意識しなくてはならないのは、「読者はどの入り口から来てくれるのか」という事だ。

 
ブログ村ランキングから自分のブログへの入り口は大きく分けて3つある。

ひとつ目は、メインコンテンツのINポイントなどのランキングからである。しかし、先ほども言ったように最初からランキング上位に食い込むことは出来ないので、この入り口からは期待できない。

二つ目は、注目記事ランキングからの流入である。しかし残念ながらここに狙って載せることは出来ないし、ランキング選定基準も明かされていない。PV数や投票数も関係していそうなので、ランキング上位が有利な土俵である事は間違いないだろう。

導入初期に狙うべきは、三つ目となる「新着記事コーナー」からの流入である。

 
新着記事コーナーは、ブログの人気やPV数に関係なく一番最近アップされたブログの記事が上位に来る。つまり、タイミング次第で誰にでも最上位になれる可能性があるのだ。

また、最上位ではなくても目を引くタイトルならば読者が来てくれる可能性は高い。

では「新着記事コーナーを狙う」とは具体的に何をすればいいのか?それを説明しよう。

 
実際にブログ村ランキングに登録している奴は、登録の際に、「参加カテゴリーの選択」を行った記憶があるだろうか?

こういったものである。現在の俺は「サラリーマン投資家」「株 中長期投資」「米国株」に登録している。

自分のブログを1つのカテゴリーだけに登録している奴はいないだろうか?

ブログの記事をアップすると、この登録している参加カテゴリー全てに「新着記事」としてアップされる。という事は、最大数の三つまで登録しておくことで流入の入り口が増えるわけである。

ちなみにこのカテゴリーは、最低10%振り分けていないと登録されない。

俺は米国株一筋だから、「米国株」100%一択だ!という漢らしい奴もいるかもしれない。俺もそういう心意気は大好きなのだが、流入に限って考えれば、残念ながら不利になる。

 
カテゴリーの選び方だが、これにも若干のコツがある。ブログの内容に少なからず関係している事は必須であるが、3つのうち一つでもいいから「登録ブログが100~200前後で、今も更新が盛んなもの」を入れておくことだ。

理由は二つある。ひとつは、登録ブログが多すぎると新着記事に反映される記事も膨大になり、自分の記事が埋もれてしまう事。もうひとつは、登録ブログが少なすぎると、そもそも他の人間に興味が無いカテゴリーであり、見に来てくれないという点である。

100~200というのは、あくまで目安であって正解ではない。たぶんそのくらいが「そこそこの人数に興味があり、新着記事効果が見込める数」というだけだ。

また、カテゴリーにも流行があり、一時期賑わったが今は更新が止まり閑散としているカテゴリーもある。そういったものは読者が少ないので、避けた方が良い。
 
 
さて、3つのカテゴリーを登録したとして、次は振り分けのパーセンテージの設定である。ここにも一つコツがある。

具体的に言えば、ランキング上位に食い込めそうなカテゴリーを80%、その他を10%に設定する

 
ハッキリ言って、ランキングは10位以内に入らないと意味がない。11位以下までスクロールする人は稀だし、スマホだと「続きを見る」ボタンを押さないと、そもそも表示されない。

ランキング上位に食い込めそうなカテゴリーを見分けるには、ランキング10位までのポイント数を見る。

これは一例だが、「米国株」「セミリタイア生活」の二つのランキングを見てみよう。6位~10位を抜粋した。

まずは「米国株」カテゴリー

次は「セミリタイア生活」カテゴリー

注目してほしいのは、一番右の二つの数字である。左はINポイント、右はOUTポイントだ。

INポイントとは投票されたポイントで、OUTポイントとはランキングや新着記事などから自分のブログに入ってきた読者数のポイントである。集計は直近の1週間だ。

このポイントは、1件につき10ポイント入る。それがパーセンテージに従って振り分けられる。俺の場合は1件につき米国株に8ポイント、他の二つに1ポイントずつである。

 
二つのカテゴリーで大きな差がある事がわかるだろう。INポイントで米国株は10位以内に入るのに400ポイント程度なのに対し、セミリタイア生活の10位は700ポイント前後だ。また、OUTポイントも全体的にセミリタイア生活の方が多いことが分かるだろう。

つまりセミリタイア生活のランキングでは、より多くのポイントを稼げなければランキング上位に食い込めないのである。

 
メインを80%に設定する理由は、出来るだけ得られたポイントを集中させたいからである。

自分のブログは米国株と節約の記事が半分半分だから、50%ずつ振り分けているという奴もいるかもしれない。だが、更新を続けていくうちに例え順調にポイントが得られていったとしても米国株20位、節約20位では効果が薄い。

ランキングは10位以内にいないと意味がないと説明したように、米国株10位、節約50位の方が流入は多くなるのだ。これが「反応を集中させる」事に当たる。

 
「反応の集中」については、もう一つ工夫できるところがある。

ブログ村ランキングに反映されるブログの出口とは、バナーである。

3つのカテゴリーに登録すると、3種類のバナーが用意される。人によっては3つ全部を張っている奴がいるだろう。しかし、俺はこれはオススメできない。

理由は、読者がどれを押そうか迷うからだ。バナーが一つしかなければ迷わず押すが、複数あると一瞬躊躇する。その結果、押さずに去ってしまう事も考えられる。

また、複数のランキングサイトに登録してあるからといって複数のサイトのバナーを貼っておくのもオススメできない。投票が分散してしまうからだ。

折角100票の投票数があったとしても、ブログ村ランキングに50票、人気ブログランキングに50票と分散してしまえば、永遠にランキング上位には食い込めない。

 
ちなみにこんな事を言いながら、俺は米国株とサラリーマン投資家のバナーを二つ貼っている。本当は米国株一つにしようと思っているのだが、ブログの内容が米国株メインかと言われると微妙なため、自分の中で葛藤があり二つになってしまっている。

ひとつに絞った方が効果が出るだろう…とは思いつつ更新していたらランキング上位まで行ってしまったため、そのままになってしまっている。近いうちにどれか一つに絞るかもしれない。

 
ランキング上位になると、PV数はもちろんの事、INポイントやOUTポイントも増えてくる。こうなってくると面白くなり、更新するモチベーションも上がってくるだろう。

また、その段階まで行けば今回紹介したやり方に固執する必要もない。カテゴリーのパーセンテージなどは、状況に応じて割り振っていけば、2カテゴリーや3カテゴリーでのトップ10入りも可能になる。

また、ランキングサイトの登録を増やし、複数のランキングサイトで10位以内に入れるようになれば、PV数はますます増加する。

 
これからブログを始めようという奴、それからまだランキングの導入を検討している奴、ランキングを導入したが成果が上がってこない奴は、今回紹介した方法を試してみる価値があるかもしれない。

 
だいぶ長文になってしまった。ここまで付き合ってくれた読者には本当に感謝する。ありがとう!

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. mushoku2006 より:

    >>「米国株」「セミリタイア生活」の二つのランキングに50%ずつ振り分けているという奴

    これ、そのまんま私です。
    (´∇`;)アハハッ

    • ひろせん より:

      mushoku2006さん
      こんばんは。コメントありがとうございます。
      この記事の内容は、あくまで導入初期に効果が見込める方法です。mushoku2006さんのように既にランキング上位にいる方には当てはまりませんよ~。

      かく言う私も、先日まで2カテゴリーにしか登録していませんでした。やはり運営していく中で気付く事はありますよね。