広告を見てくれる人と見てくれない人

どうも、ひろせんです。

今回はブログ運営の裏側の話である。具体的にいえば、広告収入の話だ。

米国どころか株式投資にすらほとんど関係の無い話題である。興味の無い方には申し訳ない。

広告を見てくれる人と見てくれない人

俺たちブログを書く者の目的は様々だ。

ブログによる収入を求める者、自己表現が目的の者、仲間づくりにつなげたい者、単に暇つぶしの者。

それは多種多様であって構わないし、100人いれば100通りの理由があっていいと思う。

 
正直に言って、俺は収入の増加を目的としてブログを運営している。収入とは読者が記事の横にある広告をクリックしてくれることから生まれる。

広告は別に悪ではないと思っている。広告も情報のひとつだし、欲しい情報が得られるのであればむしろ嬉しい。

 
米国株投資という事でブログを運営しているが、ここだけの話この分野は広告クリック率がかなり渋い

 
自分の事を考えてみればよくわかる。俺も他の投資ブログを読むことはあっても、広告はまずクリックしない。色んなブログが採用しているように最近のGoogleはページ移動の際、スマホ画面に全面広告を打ってくる。だが冷静にxボタンを押している。

余談だが、このブログはその広告は外してある。読むのにストレスがかかるし、ブログはストレスを我慢してまで読むものではないと思うからだ。

 
広告をクリックしてくれる率が高いのは、ズバリ女性だ。男は狙った情報を処理するのが上手だが、女性は色々な情報を得るのが上手だ。その過程で広告にも興味を示してくれる。

男性客が多い株ブログ運営者としては残念なことだが、これは経験的に明らかである。まぁその分女性向け広告は単価も低い傾向があるのだが。

 
副収入の増加を狙うのならば、女性客を狙わなければ効果が薄い。という事で、今女性向けのブログを作っているところである。

ウケてくれればいいのだが、果たしてどうなることやら。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする