宅配便の再配達について思う事

どうも、ひろせんです。

先日ヤマトが宅配便の値上げを表明し、それに続く形で郵便局が値上げに踏み切ったニュースが流れた。

Amazonを始め、宅配便で荷物を届ける形式をとっている企業には厳しい状況だ。

スポンサーリンク

受け取る側にも出来ることはないのだろうか?

宅配便は非常に便利だ。たとえ居ない時に届けに来てくれても文句ひとつ言わずに再配達をしてくれる。

企業側に立てば、再配達がどれだけ利益を圧迫しているのかという問題は解決すべき課題の中でも上位だろう。

当然だ。配達料は定額なのに、作業が2倍3倍に増えるからだ。

それにもかかわらず、ここまで大幅な値上げをせずに頑張ってきた宅配業者各社は本当に消費者にとってありがたい。

 
しかし、そろそろ消費者側もその使い方を考える時が来たのではないかと思う。

不在でも置いて行ってくれる宅配ボックスがあるところは大いに活用すればいいし、そうでないところはなるべく送ってくれる相手に受け取れる時間指定を頼むべきだろう。

以前このニュースが出た時に街角インタビューに出ていた女性が忘れられない。彼女は居留守を使う事が多いそうだ。

彼女いわく、「化粧を落としてしまったから出られない」らしい。彼女には大切なことなのだろうが、俺が配達員だったらそんな理由で居留守を使ってもらっては困る。

 
俺は楽天カードを使っているので楽天で買い物をすることがよくある。ポイントが結構つくからだ。

楽天は時間帯指定が出来ない場合が多い。出来るのかもしれないが、俺にはやり方が分からなかった。日時指定くらいしかないのだ。

 
共働きなので、平日は夜しか受け取れない。たぶん、そういう家庭も多いだろう。
 
先日再配達にきてくれたヤマトの宅配員に、ダメもとで「ウチは平日は夜7時以降しか受け取れないんだが、時間帯指定が無くても配送店の方で配慮してくれないだろうか?正直再配達に来てもらうのが申しわけないのだ。」と伝えてみた。

配達員いわく、「繁忙期はちょっと無理かもしれないのですが、普段は対応できるかもしれません」だそうだ。

 
繁忙期こそ再配達の負担がなくなったらいいと思っているのだが、どうもシステムが対応していないのかもしれない。

受け取り客の協力があれば再配達も減り、効率化が図れると思うのだが…

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする



コメント

  1. りりらぼ より:

    ヤマトは、クロネコメンバーズ限定(無料)ですが、受け取れる曜日と時間を指定すると時間指定なしの荷物を自動的に指定してくれるサービスを最近始めたようです。

    • ひろせん より:

      りりらぼさん
      コメントありがとうございます。なんてこった、そんないいサービスが始まっていたのですか。
      何となくめんどくさくてメンバーズ登録をしていませんでした。

      今登録してみたところ、「Myカレンダーサービス」という中で設定できるようです。
      ただし、そのサービスを使うには「e-お知らせシリーズ」なるものを設定する必要があり、これから利用通知書が送られてくるとのこと。

      これが設定できればひろせん家の再配達事情はグッと改善しそうです。りりらぼさんありがとう!