月数万円しか投資できない投資家が自由な生活を得るための具体的手法

どうも、ひろせんです。

先日の反省をもとに、俺をはじめとする低投資額の投資家が早期に自由な生活を得る方法を考えた。

最初に断っておくが、副業を行い投資額を引き上げる事は避けて通れない。月数万円の投資だけで自由になりたい奴には、読んでも面白くない記事だろう。

スポンサーリンク

月数万円しか投資できない投資家が自由な生活を得るための具体的手法

これから書き記すのは、あくまでも考えられる多数の選択肢のうちのひとつだ。

それもどこぞの偉い先生が考えたわけでも、長年の研究の成果を発表するわけでもない。俺個人が最良だと考えた方法である。

ベースは米国への投資である。これは長期投資において安定的なリターンを期待するうえでベストだと考えているからだ。 

 
俺たち低額投資家が考えなければならないのは、限りある投資額を損なうことなく運用する事である。要するに手数料などに消えていくカネを極力減らさなければならない。これは非常に重要なことなのだ。

月5万円しか投資できない奴が手数料に1万も2万も払っていたのでは永久に自由な生活は寄ってこない。
 

それでは具体的に何をしていくかを説明する。

初期の段階でやらなければならない唯一の事は、投資額を引き上げることである。

数十万程度の投資資金をどうこねくり回してもリターンはせいぜい数千円くらいしか変わらないだろう。

運用による高リターンを狙うならば、まず運用資金額を引き上げなければならない。

 
そのために投資面で行う事はたった一つ。NISA口座を開設し、毎月の投資資金でVOOを買い続ける。

それも徹底したドルコスト平均法で買う。給料日に資金をドル転し、すかさず買いを入れる。

NISAならば買い付け手数料は無料だ。これは楽天でもSBIでもマネックスでも変わらない。もし年間の投資額がNISA枠を超えるのであれば、ドル転後の時点でプールしていく。そして3000ドルほど貯まったらまとめてまたVOOに投資する。

投資面でやることはこれだけだ。

 
投資先はIVVでもSPYでもいいどれでもいい。正直ほとんど変わらない。悩むだけ時間の無駄だ。

S&P500指数型のETFは、シーゲル教授の研究成果からも正解のひとつだという事が分かっている。

 
仮に世の中がインデックス投資家ばかりになり、インデックスファンドの投資外の株式が割安になったとする。

すると「インデックス投資は既に時代遅れの低リターン投資法だ」という話が蔓延し、インデックスファンドから資金が流出し、小型株や中型株への投資が人気になり資金が流入する。

となれば、今度はインデックスファンドの投資先が割安になり、また高リターンになるのだ。世の中はそんなサイクルで動いている。
 

ドルコスト平均法を徹底するのは、時間の無駄を省くためだ。為替は読めないし、株価だって本当は読めるものではない。

いや、株価の推移を予言した奴はいる!という奴もいるだろう。そういう奴には考えて欲しい。

たとえば俺が「日経平均は近いうちに大暴落する」と言い続けるとする。大暴落というのは歴史を見ても何十年かに一度必ずやってくる。来るまで言い続けたら勝ちである。

大暴落を予言したとか、ナントカ問題を予言したとか、そういう話は振り返って当てはめたらそうだった、という事が多い。そういう奴は普段から逆張りにかけ続けていた可能性だってあるのだ。

 
徹底したドルコスト平均法は大きく勝つことも無ければ、大きく負けることも無い。平均を取るやり方だからだ。投資の世界では勝つことより負けないことの方が大事なので、ドルコスト平均法は正解のひとつである。

 
S&P500指数への投資もそうだが、俺たちが肝に銘じなければならないのは、正解から目をそらさない事だ。正解よりも優れた大正解は確かに存在するが、失敗の方がはるかに多い。正解で良しとする事が大事だ。

 
ドル転後にプールするのは、為替リスクを抑えるためだ。「円高時を狙ってドル転した方が良い場合があるのでは?」という意見はもっともだが、そのドル転タイミングが本当に良いタイミングかどうかは未来から見なければ分からないのだ。

3000ドルというのは、手数料が1%未満になる目安である。ちなみにこれは楽天証券の場合なので、SBI証券やマネックス証券を使っている奴らはもう少し目安を下げてもいいだろう。

1%というのは手数料負けしない最低ラインだと俺が思っているだけのラインである。0.5%までしか払いたくないよ!って奴は6000ドル程度を目安にすればいい。ただし、その場合の機会損失リスクを考えると、俺は3000ドル辺りがベターかなと思う。

 
さて、このルールを決めると一ついいことがある。

それは毎日株価をチェックする時間と、為替をチェックする時間、次の投資先について悩む時間が無くなるという事である。

 
時間ができたら、それを副業に投資し始める。

俺が勧めるのはブログによる収入や、アフィリエイトによる収入である。

これらは場所や時間帯を選ばない。バイトだったら通勤や着替え、仲間との雑談など収入につながらない時間を払わなければならないが、ネット収入ならばそういったことは無いし誰でも始められる。

また、初期費用も非常に安い。自分でサーバーを借りても年間1万円ちょっと。ドメイン代だって月120円くらいの出費である。例え立ち上げたブログがポシャっても、損失額は知れている。

 
「1万時間の法則」というものを聞いたことがあるだろうか?

何かのスペシャリストになるためには、その事柄について1万時間を費やす必要があるという法則だ。

逆にいえば、何かに1万時間費やせばプロ級の効果が得られるという事でもある。

 
ブログの記事を書くとしよう。俺は1記事につき、平均30分ほどをかけている。

1万時間で書ける記事は2万記事である。仮に1つの記事が1日1円稼いでくれたとすると、実に年間730万円の収入が手に入る計算だ。

730万円稼げれば、十分にそれで食べていく事が可能だろう。時間にはそれほどの威力があるのだ。

 
となれば、俺たちがやる事はただ一つ。自由な時間をひたすら副業に投資し、そこから得たリターンをひたすら米国経済に投資し続けるのだ。

副業が効果を上げて来れば、投資はNISA枠では収まらなくなってくるだろう。その段階になったら、先ほど挙げたように3000ドルを目安にプールし、まとめて投資していく。

投資先は変えない。S&P500指数型インデックスよりも高パフォーマンスな投資先は、低パフォーマンスな投資先に比べはるかに少ないからだ。正解から目をそらしてはいけない。
 

これを続けられれば、気が付いた時には自由な生活は手の届くところまで来ているだろう。

十分な投資額を確保できない俺たちでも、時間は投資する事が出来るのだ。個別株投資の楽しみを満喫するのは、自由な生活を手に入れてからでも遅くはない。

 
俺には残念ながら実績が無い。だからこれから先、俺が実践する事でこの手法の良さを証明したい。

「ひろせんは月1回VOOに投資するだけなのに、投資ブログを毎月60記事も書くの?そんなにネタが続くの?」という非常に鋭い指摘もあるだろう。

実は俺もちょっと不安である。しかし、振り返ってみれば今もほぼそれに近い状態である。

にもかかわらず、なぜか毎日400人ほどの人が見にきてくれている。よほど変わった奴らの集まりだと思うが、世の中意外とそんな奴が多いのかもしれない。

 
もし時間が許すのであれば、俺が自由な生活を得る過程をリアルタイムでお楽しみいただきたい。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする