idecoの意外な落とし穴。フルインベストメント投資家は注意

どうも、ひろせんです。

先日idecoが始まったという話題を記事にしたが、実は一点だけ俺にとって死活問題となる課題に直面した。

同じような境遇の奴は滅多にいないと思うが、参考にしてもらえば嬉しい。

スポンサーリンク

場合によって、初回引き落とし額が倍プッシュ

俺がidecoを申請したのは三月頃の話だ。

念のため1回分の引き落とし額は確保しておき、引き落としが始まったら次の月から投資額を確保しようとマッタリ構えていた。

そして先日、申請が無事通り5月分から引き落としを開始しますよという連絡が届いた。

ひと月の投資額は23,000円。初回はそこから手数料がガッツリ引かれ、実質の投資額は2万円前後となる見通しであった。

 
しかし、その後に届いた個人型年金加入確認通知書を見て俺は驚愕した。

まさかの倍プッシュである(賭け金が倍増すること。マンガ「アカギ」用語)

初回の引き落とし2か月分とか、お前は賃貸アパートの家賃か!
 

しかも引き落とし日は受け取った月曜日から考えても一週間以内である。こんなの準備が出来てない奴はとても対応できないだろう。

ざわ・・・ざわ・・・という擬音が聞こえるようだ。

 
まぁ数万円が捻出できない投資家は結構少ないのかもしれないが、俺はこのせいでただでさえゼロ目前の預金残高が限りなくゼロに近くなった。

手数料分がどのように引き落とされるのかわからず、念のため3万円入金していたのが幸いだった。保険はかけておくものである。

 
ちなみに正直に打ち明けると、この2か月分の拠出というのは「あらかじめこんな場合がある」と明記されていた。単に俺の下調べが足りなかったともいえる。

 
少ない小遣いを確定拠出年金に投資しようとしているサラリーマンには、ぜひ計画的に資金を捻出してほしい。

クスッと来たらポチっとしてくれ!
次の記事を書く意欲が湧いてくる。
にほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする